ばんたね(坂文種)病院の殺人未遂事件の犯人を確保!患者の顔画像や名前は?刺した動機や逃走経路についても

この記事は2分で読めます

出典:Twitter

 

スポンサーリンク

 

25日午後2時10分頃、名古屋市中川区の藤田保健衛生大学坂文種報徳会(ばんぶんたねほうとくかい)病院で、「医師がナイフの様なもので刺された」と男性職員から110番通報があり、世間に衝撃が走っています。

男性医師、病院で刺される 男は逃走

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

25日午後2時10分ごろ、名古屋市中川区尾頭橋3の藤田保健衛生大学坂文種(ばんぶんたね)報徳会病院の職員から「医師が男に首を刺された」と110番があった。愛知県警中川署によると、40代の男性医師が外科診療室にいたところ、男に突然、刃物のようなもので首を刺された。医師は同病院で治療を受けており、意識はあるという。男は逃走し、同署は殺人未遂事件として捜査している。

出典:毎日新聞

 

逃げた男について

逃げた男についてですが、坂文種(ばんぶんたね)病院の男性医師が外科診療室にいた際、60代ぐらいの男の患者が突然、部屋に押し入り、刃物で医師の首を刺した多層で、その60代くらいの男は現場に刃物を残して逃走しており、署が行方を追っていましたが、事件発生からおよそ3時間ほど経った午後17時頃、南に約1キロ離れた名古屋市熱田区内で身柄を確保されているとのことで、ひとまずは安心なのかなとも思われます。

ですが、現在のところこの男性(犯人)に関する詳細な顔画像や名前などの情報は入ってきておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

この犯人の男性は、現場に凶器の刃物を残しているあたり、本気で逃走する気などなかったものと思われます。

なぜなら、凶器から指紋を採取することが可能でありますし、その指紋を居なくなった患者のベッドなどか採取した指紋と照合すれば一瞬で犯人が分かる他、そもそも病室から急に居なくなったのであれば、その患者が犯人であると目星をつけることは簡単であるからです。

おそらく、捕まる覚悟は出来ていたと思われますが、そうなると気になるのが動機です。

この被害に遭われた男性外科医に対して、非常に強い恨みなどがあった場合、犯行を犯してもおかしく無いのですが、おそらくそのようなことがあったのではないかとも思われます。

この犯人が男性外科医の元を受診し、自らの思惑とは違う診断結果が出てしまったことに対して、怒り狂っていたのかもしれません。

 

Twitte上の反応

これに対して、Twitter上では様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

何れにしても、一刻も早い事件の全容解明を求めるばかりです。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

高橋栄容疑者の顔画像を特定か?80歳が83歳を刺殺した動機も判明!千葉県香取市で飲酒の上口論し殺害した男を逮捕

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!