桑鶴晃弘(くわつるあきひろ)の顔画像がこちら!鹿児島在住で警視庁に逮捕された理由も!覚せい剤所持の容疑で県職員の男を逮捕

この記事は2分で読めます

出典:NNN

スポンサーリンク

 

鹿児島県の職員の桑鶴晃弘(くわつる あきひろ)容疑者が、自宅に覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕されたました。

自宅に覚せい剤、鹿児島県の職員の男逮捕

産経WEST他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

覚醒剤を所持したとして、警視庁小平署が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、鹿児島県農政課の職員、桑鶴晃弘容疑者(49)=鹿児島市=を現行犯逮捕していたことが24日、同署への取材で分かった。

小平署によると、22日に自宅を家宅捜索したところ、ビニールの小袋に入った微量の覚醒剤の粉末が見つかった。「自分で使うために持っていた」と容疑を認めており、同署は使用容疑でも調べるほか、入手経路の特定を進める。

逮捕容疑は22日午前10時ごろ、鹿児島市の自宅で覚醒剤を所持した疑い。

出典:産経WEST

 

桑鶴晃弘容疑者について

こちらが、逮捕された桑鶴晃弘容疑者のプロフィールです。

名前:桑鶴晃弘(くわつる あきひろ)

年齢:49歳

職業:県職員

所属:鹿児島県農政課

在住:鹿児島県鹿児島市

桑鶴容疑者は、鹿児島市内の自宅で微量の覚醒剤の粉末を所持していた疑いで逮捕された鹿児島県の県職員であり、捜査員が情報をもとに桑鶴容疑者の自宅を捜索したところ、袋に入った覚醒剤が見つかり現行犯逮捕された人物でもあります。

県の職員が覚せい剤の所持をしたとして逮捕されており、非常に衝撃が走っているとのことですので、今後は覚せい剤取締法(使用)の疑いでも再逮捕される可能性があるでしょう。

ちなみに、こちらが逮捕された桑鶴容疑者の顔画像です。

出典:NNN

スポンサーリンク

 

覚せい剤所持の動機や入手ルートは?

では、一体なぜ覚せい剤を所持してしまったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、桑鶴容疑者は警察の調べに対して、自分で使うために持っていた」と容疑を認めているとのことで、なんらかの目的があって所持していたことは間違いないでしょう。

覚せい剤は、元気の前借りと言われるほど使用時に疲れにくくなったり、疲労感が飛んだりするなど、一時的に”無敵”の状態を作り出すことが可能なのですので、その状態になるためにハマっていく人物が多いのも現状です。

つまり、桑鶴容疑者も覚せい剤を使用し「気持ちよくなるために」に所持していたことは明白でありますが、一体県の職員がどのようにして覚せい剤を入手したのかは疑問ではあります。

覚せい剤の入手ルートに関しては、ほとんどの場合が密売人と直接繋がっているか、連絡を取り合って場所や日時を指定して、受け取るというのが一般的なようです。

そのため、桑鶴容疑者もそのようであった可能性は十分に考えられでしょう。

 

なぜ”警視庁”に逮捕されているのか?

桑鶴容疑者は鹿児島県鹿児島市に在住ですが、なぜ東京が管轄である警視庁に逮捕されてしまったのでしょうか?

麻薬の取り締まりや覚せい剤の捜査に関しては、刑事課ではなくて組織対策犯罪課という部署が捜査を進めるのですが、主な取り組みとしては「暴力団,拳銃,違法薬物,来日外国人犯罪組織の取締り」「暴力団排除対策と暴力追放運動推進センターの支援」「違法銃器や違法薬物の密輸対策」などが挙げられます。

ですが、これは警視庁だけにあるわけではなく、桑鶴容疑者自身が住んでいる場所である鹿児島県を管轄する鹿児島県警にも同じように組織犯罪対策課は存在しています。

おそらく、この事象は最初は県警の人物が情報を掴んでおり、そこから組織対策犯罪課が動いていたものと思われますが、なかなか尻尾を出さない桑鶴容疑者を本庁の捜査員が本腰を知入れてマークを始めたという可能性や、密売人らしき人物や覚せい剤の受け渡し場所が東京であったために、管轄が東京の警視庁に捜査権限が移った可能性も十分に考えられるでしょう。

いずれにしても、県職員の汚職事件なだけに、非常に波紋が広がりそうな一件です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

吉見仁志の顔画像判明か?淫行相手のJKやスマホ動画の内容についても!育休中に児童売春をした県職員を懲戒免職処分に!

 
error: You never click here!!