雪本剛章(ゆきもとたかあき)と中野斉(ひとし)の顔画像がこちら!ディクレアと淫行勧誘罪についても!AV出演強要の容疑で社長ら逮捕

この記事は3分で読めます

出典:NNN


スポンサーリンク

 

アダルトビデオ(AV)に出演経験のない女性にAV出演を強要して性交させたなどとして、警視庁はAV制作会社「ビエント」社長の中野斉(なかの ひとし)と、芸能プロダクション「ディクレア」元営業部長の雪本剛章(ゆきもと たかあき)の両容疑者を淫行勧誘の疑いで逮捕しました。

AV派遣で淫行勧誘容疑 芸能プロ元従業員ら逮捕

毎日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

アダルトビデオ(AV)の出演経験がない20代の女性を勧誘してみだらな行為をさせたとして、警視庁保安課は19日、AVプロダクション「ディクレア」の元従業員、雪本剛章(たかあき)容疑者(35)=横浜市西区みなとみらい5=と、AV制作会社「ビエント」社長、中野斉(ひとし)容疑者(51)=東京都中野区弥生町5=ら3人を淫行(いんこう)勧誘容疑などで逮捕したと発表した。

同課は女性がAV出演を強要されたとみている。同様の事件で淫行勧誘容疑が適用されるのは初。逮捕容疑は2015年6月、営利目的でAV出演経験のない女性を勧誘し、みだらな行為をさせAV撮影をしたなどとしている。中野容疑者は容疑を否認し、他の2人は認めているという。

 同課によると、女性は同年4月にプロダクションとAV出演の契約を結んだ。しかし撮影の内容が過激だったため、出演を拒んだところ、雪本容疑者や中野容疑者らに「撮影にいくら掛かっていると思うんだ」などと出演を強要されたという。女性が支援団体に相談するとともに、警視庁に被害を訴えていた。

出典:毎日新聞

 

2人の容疑者について

こちらが、逮捕された2人の容疑者のプロフィールです。

中野斉容疑者

出典:NNN

名前:中野斉(なかの ひとし)

年齢:51歳

職業:社長

所属:AV制作会社「ビエント」

在住:東京都中野区弥生町5

雪本剛章容疑者

出典:NNN

名前:雪本剛章(ゆきもと たかあき)

年齢:35歳

職業:従業員

所属:AVプロダクション「ディクレア」

在住:横浜市西区みなとみらい5

中野、雪本両容疑者は、無修正で配信するAVの撮影だということを隠したまま女性を勧誘し、撮影現場となった東京都中野区のスタジオへ派遣して出演させるなどしたとして逮捕された人物です。

中野斉容疑者が、ビエントと呼ばれるAVの制作会社の社長を務めており、雪本容疑者は業界最大手のAV女優&セクシーアイドル専門プロダクションである「ディクレア」の元従業員であった男性です。

2人は淫行勧誘罪という非常に珍しい罪に問われていますが、この罪が適応されるのは今回が初なのでだそうです。

続報:雪本容疑者に逮捕歴があることが判明しました↓

雪本剛章(たかあき)は過去に逮捕歴があった!ディクレアの会社概要や驚くべき実態についても!

 

淫行勧誘罪とは?

刑法第182条には、以下のような規定があります。

第百八十二条 営利の目的で、淫行の常習のない女子を勧誘して姦淫させた者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

出典:刑法第182条

これはすなわちどういうことかと言えば、売春婦などと違い「淫行の常習のない」女性を勧誘し営利目的でみだらな行為をさせた場合に適用されるものであり、女性に売春などをさせる犯罪に適用されることがあるそうです。

本人が望まない撮影を強いられるAV出演強要問題をめぐっては、これまで労働者派遣法などが適用されてきたのですが、それでは女性を派遣するプロダクション側を摘発できても、派遣先の制作会社を摘発するのは困難でした。

しかしながら今回、警視庁は刑法の淫行勧誘容疑であれば、出演を強要した制作会社も摘発できると判断したために、この極めて珍しい淫行勧誘罪という罪が適応されたのでしょう。

 


スポンサーリンク

 

ディクレアについて

こちらが、雪本容疑者が勤めていたとされるAVプロダクションの「ディクレア」の詳細です。

名称:株式会社ディクレア

所在地:東京都渋谷区道玄坂2丁目15−1

設立:平成18年9月

資本金:5,000,000円

社員総数:15名

取引金融機関:三菱東京UFJ銀行

事業内容

1.プロダクション業務:TV・ラジオ・VTR・スチール(グラビア・写真集)・イベント等の多方面で活躍するタレントの開発・育成

2.制作業務:イベントの企画、立案、制作の業務請負並びに運営

3. 上記に附帯する一切の業務

ディクレアは、業界最大手のAV女優&セクシーアイドル専門プロダクションとして知られており、営業力に長けているために、そこに所属さえしていれば、仕事はバンバンと入ってくるのだと言います。

綺麗な女性も多く所属しておりますが、その実態は不明な点が多く存在しています。

 

AV出演する女性による被害

最近では、アダルトビデオ(AV)に出演することに抵抗のない女性が増えてきているのも現状です。

一昔前ならば考えられないことなのですが、AV女優の社会進出が著しい昨今、自らAV女優になりたいと考える女性が増えているのです。

我が国では、無数のアダルトビデオの本数が存在しておりますし、業界全体におけるAV女優の数は6000~8000人くらいと言われています。

しかし、その中でもトップ女優と呼ばれる人々は本当に数が限られていますし、一握りの存在でしか稼ぐことはできませんので、そのほかの女優さんのギャラは出演本数一本あたり1万円くらいが相場なのだそうです。

高額の報酬を得るためにはカメラの前で裸になって性行為をするのはもちろんのこと、仕事を継続的にこなしていくためにはより過激な行為に挑戦していくことになり、その姿を収録したDVDが全国に流通し、またインターネットで配信された時には全国どころか全世界に流通することとなります。

そうしてどんどん過激になっていきますが、売り上げなどはプロダクションがほぼマージンを抜いており、昔に比べて女優さんの絶対数が多くなった以上は、そこまで稼げることはないのだと言います。

稼げないのにAVには出続け、さらには出演を強要されるなど、負のスパイラルに陥ってしまうこともあり、そういった被害が続出しているとして社会問題ともなっています。

何れにしても、今回の逮捕がきっかけとなり、少しでも現場などの状況が改善されることを祈っています。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

雪本剛章(たかあき)は過去に逮捕歴があった!ディクレアの会社概要や驚くべき実態についても!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!