鳥屋多可三(たかみ)さんの顔画像と会社が判明!弟が別姓で義理の情報はデマだった!鳥屋智成容疑が父親を殺害し逮捕

この記事は3分で読めます

出典:NNN

スポンサーリンク

 

父親をナイフで刺して殺害しようとしたとして、警視庁は、東京都大田区南雪谷5丁目、慶応大生鳥屋智成容疑者(20)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。

弟を説教した父親を殺害

YOMIURI ONLINE他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

父親をナイフで刺したとして、警視庁田園調布署は19日、東京都大田区南雪谷、慶応大学2年鳥屋智成容疑者(20)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕したと発表した。

搬送先の病院で父親の死亡が確認されたため、同署は容疑を殺人に切り替えて調べている。

 同署幹部によると、鳥屋容疑者は18日午後10時10分頃、自宅マンションの居間で、父親の不動産関連会社役員、多可三さん(58)の腹部をナイフ(刃渡り約13センチ)で刺して殺害しようとした疑い。容疑を認め、「感情的になった」と供述している。

 鳥屋容疑者は多可三さんと母親(50)、高校生の弟(17)との4人暮らし。酒を飲んで帰宅した多可三さんが居間で弟に説教していたところ、隣室にいた鳥屋容疑者が「やめないなら刺すぞ」と言ってナイフを持ち出したという。

出典:YOMIURI ONLINE

 

鳥屋智成容疑者について

こちらが、逮捕された鳥屋智成容疑者のプロフィールです。

名前:鳥屋智成(とりや ともなり)

年齢:20歳

職業:大学生

所属:慶應義塾大学

在住:東京都大田区南雪谷5丁目

鳥屋容疑者は、自宅マンションの居間で、父親の不動産関連会社役員、多可三(たかみ)さん(58)の腹部をナイフ(刃渡り約13センチ)で刺して殺害しようとした疑いで逮捕された、慶應義塾大学に通う20歳の学生の人物です。

別室にいた50代の母親が119番通報したそうですが、多可三さんはおよそ1時間20分後に死亡が確認されたそうで、家族間における最悪の惨事となってしまったことは否めません。

ちなみに、こちらが鳥屋容疑者の顔画像です。

出典:Facebook

 

鳥屋容疑者の弟は別姓だった?

鳥屋智成容疑者はFacebookをやっておりますが、そのFacebook上で、家族とされる男性を公開しており、その男性が鳥屋容疑者の弟なのではないかということが言われています。

Facebook上で弟として記載されているのが、以下の通りです。

出典:Facebook

何と性は「安藤」という性で名乗られていますが、下の名前の公表は控えさせていただきます。

ちなみにこの安藤さんも慶應大学に在学中とのことですが、鳥屋容疑者が東京都大田区出身なのに対して、弟される安藤さんは神奈川県藤沢市にある「慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部」出身であり、生まれはロンドンであるそうです。

さらに、父親である鳥屋多可三さんと、鳥屋智成容疑者は同じ性を名乗っているのですが、安藤を名乗っているあたりも、父親(多可三さん)と母親が一度離婚し、その時に授かっていた子供が鳥屋容疑者で、再び両親が再婚し、再婚相手の母親の連れ子が義理の弟(安藤さん)になったということは十分に考えられるでしょう。

そのために家庭環境は複雑であり、生い立ちも順風満帆とはいかなかったものと思われます。

それゆえ、血は繋がっていませんが、弟との仲は良いのですが、母親の連れ子である以上は、鳥屋多可三さんも十分な愛情を注げずに口論となり、鳥屋容疑者の防衛本能によって殺害されてしまったのかも知れません。

 

連れ子の情報は嘘?

連れ子の可能性について前述しましたが、これはあくまでネット上の噂であって信ぴょう性が高いものではありません。

多くのネットメディアがこのことについて言及しており、「弟は別姓」であったり、「義理の父親」などのキーワードを埋め込んでいますが、報道機関の発表によれば、鳥谷容疑者の家族構成は、多可三さんと母親(50)、高校生の弟(17)との4人暮らしとなっています。

もし仮に、前述したFacebookが本当であるならば、安藤さんは2015年に高校を卒業しており、現在は慶應義塾大学に通う大学生でもありますし、鳥屋容疑者と同い年であるのです。

高校生(17歳)の弟とはっきりと明記されている以上は、ネットメディアによるこの弟とされるFacebookアカウントの情報は全くのデタラメということになります。

 

スポンサーリンク

 

殺害された父親について

殺害されたのは、鳥屋多可三(とりや たかみ)さんという方ですが、不動産関係の会社である「ブルースカイリビングサポート株式会社」の代表取締役を務める人物です。

名前:鳥屋多可三(とりや たかみ)

年齢:58才

職業:代表取締役

在住:東京都大田区南雪谷5丁目

所属:ブルースカイリビングサポート株式会社

出身:東京都大田区

学歴:慶應義塾大学法学部法律学科卒業

出典:BLUE SKY

さらに、自身も慶應義塾大学の出身のようで、「宅地建物取引士」「マンション管理士・管理業務主任者」「一般社団法人 日本ファミリービジネスアドバイザー協会資格認定証保持者」「相続アドバイザー協議会 認定会員」など、数々の資格を持っているエリート実業家としても知られ、「株式会社グラスティ」のエグゼクティブプロデューサーとしても活動するなど、業界では知る人ぞ知る人物であったことは明白です。

さらに、この会社の企業理念はみんなを幸せにすること、笑顔で真面目に取り組むことを掲げており、そのさきに青い空「ブルースカイ」が広がっているという考えから、この[BLUE SKY]という社名にしたのだそうです。

 

父親を殺した真相

もし仮に前述した通り、鳥屋容疑者と弟が血が繋がっていない場合は、繋がっていない弟の方が酷い仕打ちを受けて父親を殺害するというのは理解できますが、今回のケースは全く違います。

しかし、血が繋がっている可能性が出ている以上は、鳥屋容疑者は本当に弟のことを守ろうとしていただけなのかもしれません。

複雑な家庭環境でもなければ、義理の父親でも無い以上は、口論の発端はおそらく高校の課題が出来ていなかったり、”出来の良い”兄に比べてそこまで勉強が出来なった弟に対して、発破をかけていたのかもしれません。

弟はそれを苦痛と捉えており、思春期真っ只中であったので、口論へと発展したのですが、鳥屋容疑者が父親との間に入ったのは、兄(自分)と比べるのはやめてくれなどという思惑があったのかもしれません。

これらはあくまで全て推論でありますが、あながち間違っていないようにも感じます。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

鳥屋智成(とりやともなり)の顔画像とFacebookを特定!父親判明で生い立ちがヤバい!慶應大生が多可三さんを殺害し逮捕!

 
error: You never click here!!