石塚文雄(ふみお)容疑者の顔画像を特定か!脅した真相とクラクションに腹を立てた理由も判明!宇都宮市で男がバイク運転手を恫喝

この記事は2分で読めます

出典:FNN

スポンサーリンク

後ろを走行中のバイクのクラクションを鳴らされ、その音に腹を立ててバイクを運転していた男性を金づちで脅したとして、石塚文雄(いじづか ふみお)容疑者が逮捕されました。

クラクションの音に腹を立てた男が脅迫

FNNニュースが以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

バイクのクラクションの音に腹を立て、運転していた男性を金づちで脅した男が逮捕された。
逮捕された石塚文雄容疑者(60)は、栃木・宇都宮市の路上で、トラックを運転中、クラクションを鳴らしたバイクの運転手の男性に対し、金づちを持って、「ぶっ殺すぞ」などと脅迫した疑いが持たれている。
石塚容疑者は、容疑を認めている。

出典:FNN

 

石塚文雄容疑者について

こちらが、逮捕された石塚文雄容疑者のプロフィールです。

名前:石塚文雄(いじづか ふみお)

年齢:60歳

職業:不詳(トラック運転手?)

在住:不定(栃木県宇都宮市?)

石塚容疑者は、栃木県宇都宮市の路上で、トラックを運転中、クラクションを鳴らしたバイクの運転手の男性に対し、金づちを持って、「ぶっ殺すぞ」などと脅迫した疑いで逮捕された人物です。

トラックを運転していたということもあり、職業の方は不詳でありますが、おそらくトラック運転手であったのではないかと思われます。

ちなみに、石塚容疑者の顔画像などは公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたの、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

前述した通り、後ろをバイクで走行中の男性のクラクションが気に食わなかったために、腹を立ててわざわざ車をおりて脅しているのです。

その際に、金槌を持っていたとのことですが、トラックに常備してあったのでしょうか?

一般の車両にはまず無いであろう金槌を常備しているあたり、建設関係のトラックの運転手であった可能性も十分に考えられますが、普通に護身用やその他の理由で金槌を所持していた可能性もあるでしょう。

しかしながら、クラクションを鳴らされただけで、腹を立てるというのは明らかに短気でありますし、大人としての対応は明らかに間違っているものと思われます。

 

クラクションを鳴らすのは違法?

道交法54条2項には、原則としてクラクションは鳴らしてはいけないという記載がありますので、むやみやたらにクラクションは鳴らすことは違法に繋がることもあるのですが、見通しのきかない交差点や、道路の曲がり角、危険を防止するためやむを得ない場合、「警音鳴らせ」の道路標識等により指定された場所などは警笛を慣らさなければなりません。

すなわち、クラクションを鳴らす場合は、前述した場合を除いては原則として鳴らしてはいけないのです。

車を運転していれば、青信号になったのに発進しない車や、ノロノロ運転をしている車などに対して、”煽る”意味を込めたり、注意を促すようにクラクションを鳴らす車両がしばしば見受けられますが、厳密に言えばそれらは違法ということになり、もしかすれば、今回のケースでもクラクションを鳴らしたバイクの運転手側にも非があったのかもしれません。

何れにしても、クラクションを鳴らす鳴らさないの前に、相手を恫喝するなどの行為は決して許されるべきではありませんので、この事件は一層の波紋が広がりそうな一件です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

阿部貴浩(たかひろ)容疑者の顔画像の特定情報がこちら!日経新聞次長の暴行の言い訳が酷い!

 
error: You never click here!!