ヨリトフグは全くの無毒だった?スーパータツヤは毒性を認識し販売した可能性も!フグの内臓(肝)を販売し、自主回収!

この記事は4分で読めます

出典:ANN

スポンサーリンク

 

愛知県蒲郡市のスーパーで肝臓を含んだフグの切り身5パックが販売された問題で、4パックを回収したものの、1パックは既に購入者が食べていたことが明らかとなりました。

しかし、ネット上などでは、ヨリトフグはそもそも無毒であるために食べるのは自己責任なのでは?との意見も多く寄せられれており、物議を醸しているのも事実です。

今回は、ヨリトフグの毒性について迫ってみたいと思います。

肝臓含むフグ、1パックは食べられた後 残りは回収

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

愛知県蒲郡市のスーパーで肝臓を含んだフグの切り身5パックが販売された問題で、4パックを回収したものの、1パックは既に購入者が食べていたことがスーパーへの取材でわかった。健康被害はないという。一方、県によると、スーパーの担当者が県の調査に「以前から販売していた」と話したという。県は16日、食品衛生法に基づき立ち入り調査に入った。

県によると、スーパーは同市の「スーパータツヤ」。15日に肝臓を含んだヨリトフグの切り身を7パック準備し、5パックが売れた。同日午後、購入者の一人から「パックに肝臓が入っている」と豊川保健所に連絡があり判明。県は同法に基づきスーパーに回収命令を出していた。

スーパーの担当者は県に「毒性が低く、有毒との認識がなかった」と話しているという。ただ、厚生労働省によると、フグの種類にかかわらずフグの肝臓の販売は禁止されている。

スーパーの社長(77)は16日、朝日新聞の取材に「(食べた人から)大丈夫だったと連絡があった。大変申し訳ございません。今後、フグ類は一切売りません」と話した。

鳥羽水族館(三重県鳥羽市)によると、ヨリトフグは国内では北海道から九州南部まで生息。成魚で約25センチ、大きいものは40センチを超える。愛知県蒲郡市の海産物販売所によると、地元では「チョウチンフグ」と呼ばれ、かつては肝臓もみそ汁やなべに入れて食べていたという。

出典:朝日新聞デジタル

 

ヨリトフグについて

では、ここで問題となっているヨリトフグについて解説したいと思います。

出典:魚類図鑑

名称:ヨリトフグ

別名:「カワフグ(皮河豚)」「ミズフグ(水河豚)/静岡県沼津」「チョーチンフグ・チョウチンフグ(提灯河豚)/愛知県一色」「デデフグ/神奈川県小田原」

分類:顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ科ヨリトフグ属

生息地:南日本。水深480mまで。

毒性:毒性/精巣=無毒、皮=無毒、筋肉=無毒(※フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理する際は自己責任で)

ヨリトフグは、体長は30cmで、水深およそ100-500mの大陸棚縁辺部に生息していることで知られており、魚市場では非常に安価で取引されるフグとしてその世界では知られています。

体には無数の細い線があるほか、毒はなく、筋肉、皮、精巣のいずれを食しても健康に害は及ばないと言われているのですが、一方である個体の肝臓から毒が検出されたこともあり、食べる際は自己責任で食べることが前提のフグであるのだそうです。

また、身よりもその肝を美味として食すような傾向があり、フグと言うよりもアンコウ類などに近いと考えると分かりやすいと言えます。

近年では、鍋、煮ものなど液体を使った料理にするとキアンコウよりも美味であるとして人気ありますし、筋肉は水分が多いため干してから唐揚げや焼き物にするなどと行った調理方法でも人気の魚でもあります。

 

スポンサーリンク

 

ヨリトフグは無毒なのか?

そもそも、前述した通りヨリトフグは近年まで無毒であるとされており、フグの調理自体は原則的に一般の方が行うのは控えるようにしていましたが、それでも食べられないということはなかったのです。

しかしながら、HUFFPOSTが以下のようなニュースを報じており、ヨリトフグの毒性について言及しています。

沖縄県衛生環境研究所の2006年の報告書「沖縄近海産フグの毒性調査」では、ヨリトフグ6匹のサンプルのうち1匹の肝臓に毒が見つかった。このヨリトフグの肝臓の溶液を注射されたマウスが30分以内に死亡したという。

出典:HUFFPOST

つまり、ヨリトフグの肝臓に毒があることが分かったのですが、これは一体どういうことなのでしょうか?

生態系には、必ずしも全部同じ性質を持った個体が存在するとは限らず、ごく稀にですが同じ個体なのに、それらとは違った性質を持った個体が生まれて来るのも事実です。

例えば、アルビノと呼ばれるメラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体では、先天的なメラニンの欠乏により体毛や皮膚は白く、瞳孔は毛細血管の透過により赤色となる事例もあります。

そいうったことを考えると、ヨリトフグは基本的に無毒であるとされていますが、その個体群の中には毒を持っている個体もあり、食べる際には自己責任で食べることが求められるということでしょう。

 

法律的にはどうなの?

フグによる食中毒はフグの体内に含まれるテトロドトキシン(TTX)が主な原因であり、日本においては毎年、フグによる食中毒が発生し、死亡例も報告されているほど驚異的な毒性であり、食べれば即死ということに由来し、昔の人はフグのことを「テッポウ」と呼んだことで、鍋を「てっちり」刺身を「てっさ」と呼ぶようになったほどです。

フグの肝臓は有毒部位であり、種類を問わず、天然や養殖に関わらずその販売や提供は食品衛生法により禁止されています。

しかしながら、国家資格ではありませんが、各地方自治体が定める「フグ調理師」という免許を取得することにより、そのフグをさばくことが出来、提供することが出来るのですが、その際もフグの肝臓は猛毒であることから重厚なスチール製の容器に入れ、鍵がかけられるほど厳重に管理されているのです。

また、厚生労働省によれば、ヨリトフグの肝臓の食用の可否について「×」としていますので、そもそもヨリトフグの肝臓を食べること自体がダメなのですが、食品衛生法に引っかかる違法性があるかどうかは、はっきりとはしていません。

いずれにしても、人の生命に関わることですので、販売元のスーパーにはこのよう危険な物を販売しないということを徹底してもらう一方で、我々消費者もしっかりとした知識を身に付けることで、自分の身を守ることが出来るのでは無いでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

日本で9割以上普及している中国産の割り箸は、猛毒入りの殺人割り箸だった!!

 
error: You never click here!!