エッグドームで飛び降り自殺!真相や事故現場の状況は?法政大学多摩キャンパスの施設に警察が殺到し、辺りが騒然

この記事は3分で読めます

出典:元旦ビューティ工業

 


スポンサーリンク

 

東京都町田市相原町4342にある、法政大学多摩キャンパスの構内で、学生の1人が飛び降り自殺をしたとのことで、学生内や関係各社に衝撃が広がっています。

今回は、飛び降り自殺の真相や、飛び降りた学生について迫っていたいと思います。

エッグドームで飛び降り自殺か?

法政大学多摩キャンパスの構内にある「エッグドーム」で、学生の1人が飛び降り自殺をしたと、Twitter上で話題となっています。

※こちらの情報は、あくまでもTwitter上での見解ですので、必ずしも信ぴょう性があるものとは限りませので、ご了承ください。

 

自殺があった場所は?

では、自殺があったとされる場所はどこなのでしょうか?

「エッグドーム 法政」の画像検索結果

自殺があったとされるのは、東京都町田市相原町4342にある法政大学多摩キャンパス内にある通称「エッグドーム」と呼ばれるドームの5階部分から飛び降りたとのことです。

多摩キャンパス入口にあるこの施設は、学生・教職員の教育研究の側面を支える諸活動の発展を図るための多目的共用厚生施設としてつくられたものであり、「EGG DOME(エッグドーム)」関係規程に基づき、サークル・グループ・ゼミ・個人の利用に際し、公平な利用をはかっている施設です。

また、施設は以下のような作りとなっています。

5F…ホール(230席、音響、照明、舞台関係の各種機器用具設置)、会議室4室(12~16席)、研修室3室(12~32席、テレビ設置)、和室

4F…サークル用BOX25室・ロッカー、有料コピー機、暗室(現像機器セット)、アトリエ、スタジオ

3F…多目的練習室2室(演劇、ダンス等の練習用)、展示パネル、男女シャワールーム、有料印刷機、自動販売機、有料ロッカー(1回100円)、ビリヤード(1時間100円)、コモンルーム(教職員用)、テレビ

2F…CDコーナー、食堂、学生生活課、各種イベント、アパート紹介・旅行等のチラシ展示ラック、ボランティア関係・奨学金関係掲示板、学生生活課掲示板

1F…バス停

B1F…音楽練習室(4室)、音楽練習室兼多目的練習室2室、ピアノブース2室、楽器保管庫6室

飛び降りがあったとされる5階には、多目的なホールがあるほか、会議室や研修室など、学校の”教育”で使用される施設が密集しているのが伺えます。

ちなみに、「EGG DOME(エッグドーム)」は、その名の通り、施設の形が卵型をしていることから、その名がついたとされており、法政大学多摩キャンパスの名物ともなっています。

 


スポンサーリンク

 

Twitter上の反応

この飛び降り自殺の件に関して、Twitter上では様々な意見が飛び交っていますので、ご紹介します。

 

飛び降りたのは学生?

では、飛び降りたことが事実であるという前提で話を進めていきますが、一体誰が飛び降りたのでしょうか?

Twitter上には悪ふざけでしょうが、飛び降りたと名乗る人物も現れており、波紋が広がっています。

しかしながら、現地の方の報告によれば、警察がすでに出動しているとのことで、大きな騒ぎとなるでしょうし、仮に他の誰かが自殺を図ったするならばこのような悪ふざけは決して許されるものではありません。

5階ということで、少なくとも50メートルくらいはあるとされていますので、おそらく飛び降りたとなれば、その人は即死でしょう。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

東京学芸大学でアカハラをした教授が判明か?名前や顔画像から懲戒免職の真相も?

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!