高橋豪(たかはしごう)容疑者の顔画像を特定か!通り魔の動機や犯行の真相が判明!広島安佐北区の路上で2人を殺傷した男を逮捕

この記事は3分で読めます

出典:NNN


スポンサーリンク

14日夜、広島市安佐北区の路上で男性2人が刃物で襲われ、1人が死亡した事件で、警察は、殺人などの疑いで33歳の高橋豪容疑者を逮捕しました。

広島路上2人殺傷、男逮捕

産経WEST他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

広島市安佐北区の路上で男性2人が刺され死傷した事件で、広島県警は15日、殺人と殺人未遂の疑いで、同区可部3丁目の無職高橋豪容疑者(33)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めており、県警が動機を調べる。現場から逃走したが、約1時間半後に約14キロ離れたJR広島駅で身柄を確保された。

県警によると、死傷した2人は、いずれも帰宅途中でバスを待っているところだった。高橋容疑者と面識はなく「通り魔的犯行」とみている。大学生は背中に痛みを感じ、振り向いたところ、高橋容疑者がいたという。

高橋容疑者は知人に「2人を刺した」と電話。「どこにいるの」と問われ、広島駅と答えたため知人が110番した。

逮捕容疑は14日午後10時15分ごろ、同区可部5丁目の歩道で同区三入東1丁目の職業不詳座山則男さん(75)の腹部を刃物で刺して殺害した疑い。さらに、同区の男子大学生(20)の背中を刺して殺害しようとした疑い。現場付近には凶器とみられる刃物が落ちていた。

現場付近のアパートに住む男子大学生(21)は「この時間帯は人通りが少なく、普段は平穏な場所。まさかこんなことになるなんて」と驚いた様子で話した。

出典:産経WEST

 

高橋豪容疑者について

こちらが、逮捕された高橋豪容疑者のプロフィールです。

名前:高橋豪(たかはし ごう)

年齢:33歳

職業:無職

在住:広島市安佐北可部3丁目

高橋容疑者は、14日午後10時15分ごろ、歩道にいた20歳の男子大学生の背中を刺したほか、近くにいた座山則男さん(75)の腹を刺して逃走し、座山さんは搬送先の病院で死亡、男子大学生は軽いけがをさせたとして逮捕された無職の男性です。

通り魔的な犯行であるとされておりますが、高橋容疑者は知人に「2人を刺した」と電話しその知人に「どこにいるの」と問われ、広島駅と答えたため、知人が110番し、逮捕されたのだそうです。

ちなみに、顔画像などの情報は入ってきておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、高橋容疑者は、警察の調べに対して「何人かを殺して自分も死のうと思った」と供述しているとのことで、前述した通り、通り魔的な犯行をしていることがあげられます。

かなり身勝手な犯行であり、常識の範囲内では考えられない事件でありますし、なぜ自分が死のうと思った際には他人を巻き込むのか理解が出来ません。

さらに、人を殺めたあと「自分も死のう」と思っているにも関わらず、現場から逃走しているあたり、非常に身勝手な行動でありますし、一般的な感覚では到底考えられるものではありません。

この高橋容疑者の身勝手な行動によって命を落とされた座山則男さんや、その遺族、そして怪我をされた男子大学生やその家族の方の気持ちを考えると本当にいたたまれなくなります。

亡くなった座山さんには心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

 


スポンサーリンク

 

通り魔犯の心情について

通り魔を起こす人物像はどのような人物が多いのでしょうか?

通り魔犯とは、無差別に人を殺傷したりする犯罪の一種で、2008年に発生した秋葉原での無差別殺傷事件など、センセーショナルであり、その戦慄さは非常に由々しきものがあります。

通り魔犯の特徴として、誰にも自分の悩みを打ち明けられずに怒りやストレスばかりが溜まり、それが爆発して、無差別殺人などを起こすケースがありますが、今回の事件でもそれが適応されているのかもしれません。

社会生活に適応できず孤独を感じ、世間と隔離されていけばいくほど、世の中の人間が憎く見えてしまうもので、全く関係のない人間にも強い殺意が湧いてしまうのも事実です。

 

水と平和はただでは手に入らない?

我が国においては「水と平和はただで手に入る」と揶揄されているほど、治安は良いとされていますが、その分一人ひとりの危険察知能力であったり、危険回避能力のようなものは他国に比べて劣っているようにも感じます。

海外にいけば、夜道を1人で出歩くこと自体危険であるとされている国もありますし、そういったところでは、常に危険と隣り合わせであるとう自覚を持って生活していることから、自分の身は自分で守るということが身についています。

しかしながら、日本では治安が良いだけでなく、今回のような無差別な殺傷事件などの凶悪犯罪が起こる確率は稀であるために、この報道を「人ごと」のように捉えてしまい、すぐに風化させ、また同じ過ちを繰り返してしまうのです。

もちろん、このような犯罪を起こす犯人が100%悪いのですが、それを踏まえた上でも、わが国でもこのような凶悪犯罪が起こりうるという危険性を頭の片隅にでも置いておけば、事件に巻き込まれたり、被害者になることなどなく、自分の身を自分で守ることができるのだと思います。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

札幌市東区殺人未遂事件の12歳男子中学生を特定か?ネットには実名報道の規制はない!犯人を守る少年法の在り方についても

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!