藤尾久美子(母親)と亜希子(祖母)容疑者の顔画像を特定か!次女だけ虐待した理由も判明!

この記事は3分で読めます

出典:MBS毎日放送


スポンサーリンク

次女(5)の腕をストーブに押しつけてやけどを負わせるなどしたとして、兵庫県警伊丹署は12日、同県伊丹市内に住む母親で無職の藤尾久美子(ふじお くみこ)容疑者と祖母で派遣社員の藤尾亜希子(ふじお あきこ)の容疑者の両容疑者を傷害容疑で逮捕しました。

5歳女児の腕をストーブに 母親と祖母逮捕

MBS毎日放送ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

兵庫県伊丹市で5歳の次女の腕をストーブに押し付けるなどの暴行を加えたとして、母親と祖母が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、母親の藤尾久美子容疑者(26)と祖母の亜希子容疑者(47)です。警察によりますと、久美子容疑者らは自宅で5歳の次女の腕をストーブに押し付けたり、顔に包丁の刃を当てるなどした疑いです。11日夜、次女が自宅近くのコンビニエンスストアに10円硬貨1枚を握りしめて現れ「お腹がすいた」と話したことから、不審に思った店員が110番通報し事件が発覚しました。調べに対し2人は「言うことを聞かないので、去年10月頃からしつけの一環で暴行を加えていた」と供述しているということです。

「料理をしているような感じじゃない。普通の生活じゃないような感じ。母親がちっちゃい子を置いて夜中に出ていったりとか」(近所の人)

次女の体には複数の傷があり、警察は日常的に虐待を受けていたとみて調べています。

出典:MBS毎日放送

 

2人の容疑者について

こちらが、逮捕された2人の容疑者のプロフィールです。

藤尾久美子容疑者

名前:藤尾久美子(ふじお くみこ)

年齢:26歳

職業:無職

在住:兵庫県伊丹市

藤尾亜希子容疑者

名前:藤尾亜希子(ふじお あきこ)

年齢:47歳

職業:会社員

在住:兵庫県伊丹市

2人の容疑者は、藤尾久美子容疑者が自宅で次女の左腕をストーブに2度押しつけてやけどを負わせたほか、同9日ごろ次女の祖母にあたる藤尾亜希子容疑者が、顔に包丁を当てるなどしてけがを負わせた疑いで逮捕されています。

久美子容疑者が、怪我をした次女の母親であるとされており、久美子容疑者の母親が、会社員で47歳の亜希子容疑者だということです。

さらにこの容疑者2人他、次女含め7人もの家族が一緒に暮らしているとのことで、他の子ども対しても日常的に暴力を振るっていた可能性もあることから、警察側もその辺の余罪についての捜査が進められそうです。

ちなみに、久美子容疑者や亜希子容疑者の顔画像などの情報は入ってきておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対して、2人は容疑を認めているとのことですが、その詳細な動機については明らかにされておりません。

しかしながら、虐待というのは虐待をしている親などが自らの生活で感じたイライラやストレスなどを本人にぶつけたり、何か気にくわないことがあったために行うなどが考えられる他、単純に親の言うことを聞かなかったために、しつけの延長線上で行うこともしばしばあるでしょう。

そういったストレスのはけ口に子どもを利用することは許されることではありませんし、決してあってはならないことです。

さらに、長女と三女にけがはなく、しつけと称して次女だけが暴力を振るわれていたとみられているほか、近所の人の話によれば「料理をしているような感じじゃない。普通の生活じゃないような感じ。母親がちっちゃい子を置いて夜中に出ていったりとか」という証言もあることから、育児放棄なんかも十分に考えられることでしょう。

 


スポンサーリンク

 

紫色に変色している状態とは?

神戸新聞によれば、被害に遭われた次女は素足のまま靴を履いており、つま先が紫色になっていたとのことで、かなり危険な状態であったことを示唆しています。

医学では、皮膚や粘膜が青紫色である状態のことをチアノーゼといい、血液中の酸素濃度が低下した際に、爪床や口唇周囲に表れやすいのだそうです。

つまり、血液中に酸素がうまく運ばれていないことを意味しており、栄養失調などの可能性も十分にあるのだそうです。

もともと貧血の場合には、ヘモグロビンの絶対量が少ないためにチアノーゼという症状は発生しにくく、呼吸器または循環器の疾患、静脈血の動脈血への流入、異常なヘモグロビンなどが起因していることからも、普段からあまり食事十分に与えてもらっておらず、それが原因で紫色に変色していたことおm十分に考えらるでしょう。

いずれにしても、このような虐待を一般の方が発見し、大事に至らなかったことは不幸中の幸いなのではないでしょうか?

 

なぜ虐待のニュースが無くならないのか?

昨今は、虐待のニュースが多く取り上げられており、その犯行手口もエスカレートしている一方です。

そもそも虐待というのは、身勝手な大人の都合により生み出された犯罪であり、何も知らない純真無垢な子供には何の罪もありません。

こと児童虐待においては、親側のイライラやストレスを解消するはけ口として子供が利用されたり、言うことを聞かなかったために、しつけの延長線上で虐待をするという非常に自分勝手な理由でしかされていません。

虐待に正当な理由などなく、暴力によってしか子供を教育できないのは、それは子供以下の低脳が行うことであります。

キングギドラなどでMCとして活躍し、テレビなどの出演経験もある社会派タレントとして知られるラッパーのK DUB SHINEさんは、自身の楽曲「セイブ・ザ・チルドレン」の歌詞の中で「ガキがガキを作った結果、今のこの国虐待のメッカ」と歌っており、その異常性を訴えかけています。

子供の頃に愛情を持って育てられなかったり、DVや虐待を受けて育った子供は、その親に認められることが幸せであるということ感じますし、自分が幼い頃受けた苦痛を自分の子供にも与えてしまうという負のスパイラルを生み出してしまうのも現状です。

このようなことはあってはなりませんし、少子高齢化が騒がれ、子作りなどを推奨する一方で、親が子供以上に”ガキ”である場合には、親になる資格などなく、下手に子供を作ることはかえって我が国の将来のためにはならないような気がします。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

伊丹市で虐待をした無職の女(26)と会社員の母親(47)の名前と顔画像の情報がこちら!つま先が紫色に変色した5歳女児をコンビニで保護

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!