松下園里(えり)容疑者の顔画像を特定か!虐待の報道が無くならない理由についても!豊田市で乳児を床に投げ落とした母親を逮捕!

この記事は3分で読めます

出典:NNN


スポンサーリンク

11日夜、愛知県豊田市で生後11か月の男の子が頭の骨を折り、意識不明の重体となっている事件で、警察は、母親である松下園里(まつした えり)容疑者が逮捕されました。

豊田の乳児重体、虐待容疑で母親逮捕

中日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

11日午後7時50分ごろ、愛知県豊田市のマンション一室から「子どもの調子が悪い」と119番があった。地元消防が生後11カ月の男児を救急搬送したが、頭部を骨折しており、意識不明の重体。

男児を床に投げ落としたとして、県警豊田署は殺人未遂容疑で母親の派遣社員松下園里容疑者(29)を12日、逮捕した。

同署によると、両親と三つ子の5人暮らしで、男児は三つ子のうちの1人で次男。当時、父親は外出中だった。

県豊田加茂児童・障害者相談センター(児童相談所)によると、搬送先の病院から12日午前2時ごろ、母親が男児を床に投げ付けたとの通告があったとしている。

出典:中日新聞

 

松下園里容疑者について

こちらが、逮捕された松下園里容疑者のプロフィールです。

名前:松下園里(まつした えり)

年齢:29歳

職業:派遣社員

在住:愛知県豊田市

松下容疑者は、自らの息子に対して、頭の骨を折るなどの意識不明の重体にさせたあげく、「子供の調子が悪いので、救急車をお願いしたい」としらばっくれた様子で119番通報をし、殺人未遂などの罪に問われている29歳の派遣社員の女性です。

一家は、両親と男児を含む兄弟3人の5人暮らしだったそうですが、犯行当時、父親すなわち松下容疑者の夫は不在であったために、自ら虐待をしたのにも関わらず、救急車を呼んだのです。

その際、病院に付き添ったのですが、松下容疑者は無断で帰宅をするという愚行までもみせているのです。

ちなみに、松下容疑者の顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 


スポンサーリンク

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、松下容疑者は、自宅で生後11か月の二男が泣きやまないことに腹を立て、複数回、床に投げ落とし殺害しようとした疑いで逮捕されていますが、「事実は間違いありませんが、殺すつもりはありませんでした」と容疑を一部否認しているとのことです。

つまり、泣きやまないことへのイライラが原因で虐待をしているのですが、その内容があまりにも残虐であり、非人道的であるということからも、批判が殺到しているのは事実です。

なぜなら、松下容疑者は男児を”複数回”床に叩きつけ、投げ落としており、人を人と思っていないからです。

あまりにも卑劣すぎますし、母親としてあるまじき行為でありますので、厳罰が下ることを祈るのみです。

 

父親である旦那は?

次男の父親であり、松下容疑者の旦那ですが、今回の事件の際には全く関与していなものと思われます。

しかしながら、もし仮に日常的に松下容疑者が暴力を振るっていたとなると、そのことに気がつかなったのは問題でありますし、何とかして子供を守ることが出来なかったのか疑問ではあります。

事件当時は仕事で外出していたとのことですが、このニュースを聞いた時にはきっとショックを隠しきれなかったに違いありません。

 

なぜ虐待のニュースが無くならないのか?

昨今は、虐待のニュースが多く取り上げられており、その犯行手口もエスカレートしている一方です。

そもそも虐待というのは、身勝手な大人の都合により生み出された犯罪であり、何も知らない純真無垢な子供には何の罪もありません。

こと児童虐待においては、親側のイライラやストレスを解消するはけ口として子供が利用されたり、言うことを聞かなかったために、しつけの延長線上で虐待をするという非常に自分勝手な理由でしかされていません。

虐待に正当な理由などなく、暴力によってしか子供を教育できないのは、それは子供以下の低脳が行うことであります。

キングギドラなどでMCとして活躍し、テレビなどの出演経験もある社会派タレントとして知られるラッパーのK DUB SHINEさんは、自身の楽曲「セイブ・ザ・チルドレン」の歌詞の中で「ガキがガキを作った結果、今のこの国虐待のメッカ」と歌っており、その異常性を訴えかけています。

子供の頃に愛情を持って育てられなかったり、DVや虐待を受けて育った子供は、その親に認められることが幸せであるということ感じますし、自分が幼い頃受けた苦痛を自分の子供にも与えてしまうという負のスパイラルを生み出してしまうのも現状です。

このようなことはあってはなりませんし、少子高齢化が騒がれ、子作りなどを推奨する一方で、親が子供以上に”ガキ”である場合には、親になる資格などなく、下手に子供を作ることはかえって我が国の将来のためにはならないような気がします。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

伊丹市で虐待をした無職の女(26)と会社員の母親(47)の名前と顔画像の情報がこちら!つま先が紫色に変色した5歳女児をコンビニで保護

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!