田宮五郎と浅野ゆう子が結婚しなかった衝撃の理由!婚約した結婚相手を看取った真相とは?

この記事は3分で読めます

出典:NAVER

スポンサーリンク

新年早々おめでたいニュースが入ってきました。

女優の浅野ゆう子さんが結婚していたことが明らかとなったのです。

今回は、その結婚相手や過去の恋愛遍歴である田宮五郎さんとの関係について、迫ってみたいと思います。

浅野温子、浅野ゆう子の結婚を祝福

スポーツ報知ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

女優の浅野ゆう子(57)が、昨年末に一般男性と結婚したことを発表したことを受け、フジテレビ系ドラマ「抱きしめたい!」で共演した女優の浅野温子(56)が11日、祝福のコメントを所属事務所を通して発表した。

 温子は「ご結婚おめでとうございます!とにかくとにかくおめでたいです。」と祝福した。

 2人は1988年にトレンディドラマの先駆けとして放送された「抱きしめたい!」に主演し、「W浅野」として人気を博した。

 ゆう子はこの日、マスコミ各社にファクスを送付し、同世代の一般男性と昨年末に結婚したことを発表。「お互いこの年齢で…とも思いましたが、この年齢だからこそ、互いの健康に気遣いつつ、寄り添いながら穏やかに、これからの人生を歩んでいこうと決めました」と明かした。

出典:スポーツ報知

 

浅野ゆう子さんについて

こちらが、結婚を報告された浅野ゆう子さんのプロフィールです。

「浅野ゆう子」の画像検索結果

出典:livedoor

名前:浅野ゆう子

本名:赤沢裕子(あかざわ ゆうこ)

出身:兵庫県神戸市

生年月日:1960年7月9日

年齢:57歳(2018年1月現在)

身長:167cm

体重:50kg

スリーサイズ:B83-W58-H88cm

血液型:AB型

所属事務所:アベベネクスト

浅野ゆう子さんは、実はアイドル歌手としてデビューをしており、「ジャンプするカモシカ」をキャッチフレーズに活動していた経歴を持っています。

デビューした1974年に「恋はダン・ダン」で、第16回日本レコード大賞新人賞受賞し、1976年には、8枚目のシングル「セクシー・バス・ストップ」が大ヒットを記録するなど、目覚ましい活躍をしておりましたが、当時の女性アイドルは小柄であることが好ましいとされており、浅野さんのような長身で日本人離れしたプロポーションのアイドルは珍しかったことと、ミニスカートやホットパンツなどの自らのスタイルを強調していた浅野さんは女性からの反撥を受けたこともあり、アイドル歌手としてはあまり大成はしませんでした。

そして、歌を実質休業状態になった1980年代からは、様々な会社の水着キャンペーンモデルなど企業広告で活躍をしていましたが、転機が訪れます。

1988年(昭和63年)にフジテレビの連続ドラマ『君の瞳をタイホする!』のヒロイン・シングルマザー役に抜擢され、さらにドラマ『抱きしめたい!』で『W浅野』と呼ばれた浅野温子さんとの競演で、女性からの圧倒的な人気を指示を集めます。

これ以降は「トレンディドラマの女王」と称される程にブレイクし、1990年代初頭には、W浅野を意識した服装が大いに流行するなど、その後の女優としての人生を歩んでいくにふさわしい活躍を見せていました。

 

スポンサーリンク

 

田宮五郎さんについて

浅野ゆう子さんは過去にも恋愛歴があるのですが、その男性がなんと亡くなっているのです。

その男性は、浅野ゆう子さんと婚約までしていたとのことですが、2014年に病魔に侵されてしまい、還らぬ人となってしまっています。

その男性とは俳優の田宮五郎さんという人物で、そのプロフィールがこちらです。

出典:週刊女性PRIME

名前:田宮五郎(たみや ごろう)

出身:東京都

生年月日:1967年1月13日

没年:2014年11月6日

享年:47歳

身長:186cm

血液型:O型

学歴:東京農業大学農学部畜産学科卒業

田宮さんは、「クイズタイムショック」や「白い巨塔」などの代表作で知られる俳優・司会者の田宮二郎さん、母は元女優の藤由紀子さん、お兄さんに俳優である柴田光太郎をもつ、芸能一家の次男として誕生しました。

そんな特殊な家庭環境の影響で、田宮五郎さんは幼少時から俳優を志していましたが、「俳優になるなら人間を知ってから」との父・二郎さんの遺言を守り、大学在学中から日本語教師や住み込みの新聞配達、料理人、大工、造園業、司法書士事務、記者など、およそ60種類以上に及ぶ職業を経験したのだそうです。

2006年、39歳の時に「田宮英晃」名義で『人生はフルコース』コック役で俳優デビューをすると、その後は数々のドラマや映画などに出演し、味のある演技を披露。

多く舞台やドラマに引っ張りだことなっていましたが、2014年11月2日、早朝に交際中の浅野ゆう子さんの自宅で、くも膜下出血で倒れ、東京都内の病院に入院していましたが、浅野さんに看取られ11月6日未明に亡くなったのです。

 

田宮五郎さんが急死し、浅野ゆう子さんが看取る

日刊スポーツが以下のような記事を報じています。

俳優田宮二郎さん(享年43)の次男で俳優の田宮五郎(たみや・ごろう)さん(本名柴田英晃=しばた・ひであき)が6日未明、くも膜下出血のため、都内の病院で亡くなった。47歳だった。葬儀・告別式は8日に兄の俳優柴田光太郎(48)や、五郎さんと同居していた女優浅野ゆう子(54)ら近親者で済ませた。

(ー中略ー)

出典:日刊スポーツ

田宮五郎さんと浅野ゆう子さんは2011年頃より、東京都内に高級マンションを購入し同棲生活を送るなど、順調な交際を繰り広げていました。

婚約もしており、「結婚も目前なのでは?」と、世間でも騒がれていたのですが、2012年に田宮さんはクモ膜下出血で倒れ、入院してしまったのです。

俳優生命に大きな支障をきたすほどの重病だった田宮さんですが、2013年に退院するやいなや、浅野さんとともに自宅マンションで懸命なリハビリに取り組むんだそうです。

病気の後遺症で身体には麻痺が残っていたそうですが、リハビリの甲斐もあって1人で杖を使って歩けるくらいにまで回復したのだと言います。

しかしながら、2014年に再びくも膜下出血で倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまいました。

この当時、2人は婚約をしていたという内容を浅野さんが激白し、田宮さんと浅野さんは婚姻届すら出すことはありませんでたが、事実婚の関係だったために、世間に大きな衝撃を与えたのも事実です。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

浅野ゆう子の結婚相手(旦那)の顔画像や職業を特定?田宮五郎(同棲相手)と結婚しなかった理由も判明!

 
error: You never click here!!