藤岡幹大(ふじおかみきお)さんの死因がこちら!死去した真相や事故の内容についても!天体観測中に転落したギタリストが36歳で急死

この記事は3分で読めます

出典:Twitter

スポンサーリンク

メタルダンスユニット「BABYMETAL」のバックバンドなどで活躍していたギタリストの藤岡幹大(ふじおか みきお)さんが、5日に亡くなっていたことが明らかとなりました。

ギタリスト藤岡幹大さん36歳で急死、天体観測中に事故

スポニチアネックス他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

3人組メタルダンスユニット「BABYMETAL」のサポートギタリストなどを務めていたギタリストの藤岡幹大が5日に死去した。36歳。9日にツイッターで発表された。

藤岡の夫人がツイッターで「訃報のお知らせ ギタリスト藤岡幹大が平成29年12月30日に天体観測中高所から落ち療養の最中、平成30年1月5日夜容態が急変し娘2人に見守られながら享年36歳で永眠いたしました」と報告。

「ファンの皆様、関係者様、全速力で生きた彼のことを今後も愛して頂けたら幸いです。ありがとうございました。妻」と気丈にファンにメッセージを送った。

出典:スポニチアネックス

 

藤岡幹大さんについて

こちらが、亡くなった藤岡幹大(ふじおか みきお)さんのプロフィールです。

名前:藤岡幹大(ふじおか みきお)

生年月日:1981年1月19日

出身:兵庫県

職業:ギタリスト

藤岡さんは、高校卒業後、MI JAPAN大阪校に入学します。

在学時にMI JAPAN・YOUNG GUITAR主催のGIT MASTERS 2000に入賞したことがきっかけで、卒業後の2001年から同校の講師となり、2002年より同校のGIT-DX科で教鞭を執っています。

2005年からは東京に拠点を移し、MI JAPAN東京校に講師として就任すると、2007年にアルバム『TRICK DISC』でデビュー。

その後は、rain bookなどでセッションミュージシャンとしての活動も開始し、2013年からはBABYMETALのサポートギタリストを担当していました。(ポジションはパートナー次第で変わり、Ledaの場合は上手側、大村孝佳さんの場合は下手側に入る)。

2015年11月30日高円寺show boatでのセッションバンドが発展し、bass BOH、drum 前田遊野とともに 仮バンド を結成し、2度のライブパフォーマンスを経て1stミニアルバムを3日でレコーディングし2017年4月26日に発売するなど、ギタリストして確固たる地位を築いていました。

 

スポンサーリンク

 

死因について

では、一体死因は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、藤岡さんは昨年12月30日に天体観測中、高所から落下し療養中だったとのことで、おそらくそれが直接的な原因なのでは無いかと言われています。

高所から落下した場合、着地点が地面の場合45メートル以上、水面の場合75メートル以上からの落下であれば、生還例がほとんどない為、確実に死に至るとされていますが、生還した場合でも全身打撲による骨折、内臓破裂、脳挫傷などを負っていることが多く、重傷でも緊急手術で救助される場合もあるが、重度の障害を負う場合が多いのだそうです。

すなわち、落下の衝撃により内臓などがひどく損傷しておりそれが原因で死亡してしまったことが考えられます。

 

ネット上の反応

これに対して、ネット上では以下のように訃報に驚きを隠せない人々の意見が多数寄せられていますので、ご紹介します。

いずれにしても、亡くなった藤岡さんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

真屋順子の死因がヤバい!死去した真相や寝たきりの状況についても!欽どこお母さん役の女優が死亡

 
error: You never click here!!