小林直広(なおひろ)容疑者の顔画像がこちら!少女の尻のタトゥー(入れ墨)がヤバい!

この記事は2分で読めます

出典:FNN


スポンサーリンク

自分が経営に関わるメイド喫茶の従業員の尻に自分のイニシャルの入れ墨を彫ったとして、43歳の小林直広(こばやし なおひろ)容疑者を逮捕しました。

知人女性に酒飲ませタトゥー入れる

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

知人女性に酒を飲ませ、眠っている間にタトゥー(入れ墨)を入れたとして、警視庁上野署は5日、傷害容疑で東京都目黒区目黒本町の職業不詳、小林直広容疑者(43)を逮捕した。調べに、「やりました」と容疑を認めている。

逮捕容疑は昨年11月15日未明、台東区秋葉原の雑居ビルの一室で、当時19歳の知人女性に酒を飲ませて昏睡状態にさせ、安全ピンなどを使って女性の尻に自分のイニシャルの「N」の文字のタトゥーを施したとしている。

女性が母親に相談し、上野署に被害を届け出た。

出典:産経ニュース

 

小林直広容疑者について

こちらが、逮捕された小林直広容疑者のプロフィールです。

名前:小林直広(こばやし なおひろ)

年齢:43歳

職業:不詳(※自称投資家)

在住:東京都目黒区目黒本町

小林容疑者は、台東区内に借りていた部屋で自らが経営に関わるメイド喫茶の従業員の女性に酒を混ぜたジュースを飲ませ、昏睡(こんすい)状態にした上、尻に自分のイニシャルである「N」の入れ墨を5か所彫った疑いで逮捕された人物です。

43歳とされていますが、その顔立ちは到底43歳とは思えず、かなり年齢も鯖を読んでいる可能性もありますが、あえて自らの年齢を上に鯖を読む人間はいないと思われることからも、43歳は妥当なのではないでしょうか?

ちなみに、小林容疑者の顔画像がこちらです。

出典:NNN

 

犯行動機と手口について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

犯行動機に関して、小林容疑者は今の所供述をしている様子はありませんが、おそらく自分の所有物であるということを示したかった自己顕示欲の現れと見て間違い無いでしょう。

自分のイニシャルを掘っている点と、入れ墨という一生消えないものを残しているあたりから、そのように推測されるのですが、一般の彫り師でも無い人物にそのようなことが果たして出来るのでしょうか?

入れ墨は、安全ピンを皮膚に刺したあと、黒のマジックインクを流し込む方法で彫られたそうで、素人でもネットなどから知識を得ることができれば誰でも簡単に入れ墨を入れることが出来るのだそうです。

また、小林容疑者の場合は、相手女性を昏睡状態にさせてから行なっていますので、準強制わいせつ罪にも問われる恐れがあります。

 

入れ墨を強制的に入れるとどのような罪になるのか?

今回は、入れ墨を被害者に強制的に入れるという何とも奇妙な犯罪ですが、これはどのような犯罪に問われるのでしょうか?

警察は、逮捕容疑として「傷害」で逮捕をしていますが、これは強制的に入れ墨を入れることによって、身体を傷つけたことになりますが、前述した通り女性の尻を昏睡状態で触っていることを考えると、準強制わいせつでの立件も視野に入れらることでしょう。

入れ墨を強制的に入れるという行為自体、稀でありますので、どのように罪に問われるかが争点ともなりそうです。

また、19歳の少女にアルコール度数が90度に近い酒をジュースに入れて飲ませ、昏睡状態にさせたということもあり、この行為がどのような罪に問われるかも今後の捜査で明らかになっていくことでしょう。

 

 


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!