根本雄志(ゆうし)容疑者の顔画像を特定か!不倫相手の女性判明で動機がヤバい!覚せい剤を注射した35歳の医師を逮捕

この記事は3分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

不倫相手の20代女性に覚醒剤を注射したとして、警視庁代々木署が、根本雄志(ねもと ゆうし)容疑者を逮捕しました。

不倫相手女性に覚醒剤注射容疑 35歳医師を逮捕

ニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

不倫相手の20代女性に覚醒剤を注射したとして、警視庁代々木署が、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、東京都渋谷区笹塚の医師、根本雄志容疑者(35)を逮捕していたことが5日、同署への取材で分かった。「身に覚えがない」などと容疑を否認しているという。

逮捕容疑は昨年12月21日ごろ、渋谷区の自宅で女性に覚醒剤を注射し、使用させたとしている。

同署によると、同日夜に女性から「根本容疑者から暴力を振るわれた」という趣旨の通報があった。事情を聴いたところ「寝ている間に覚醒剤を打たれたかもしれない」と話したため、検査を行ったところ覚醒剤の陽性反応が出たという。自宅からは使用済みの注射器が見つかった。根本容疑者は行方が分からなくなっていたが、今月2日昼ごろに同署へ出頭。陽性反応は出なかった。

根本容疑者は東邦大学医療センター大橋病院(目黒区)の呼吸器内科に勤務していたが、同院によると昨年12月末に退職した。

出典:産経ニュース

 

根本雄志容疑者について

こちらが、逮捕された根本容疑者のプロフィールです。

名前:根本雄志(ねもと ゆうし)

年齢:35歳

職業:医師

所属:東邦大学医療センター大橋病院 呼吸器内科

在住:東京都渋谷区笹塚

根本容疑者は、不倫相手の20代女性に覚醒剤を注射したとして逮捕された、35歳の医師の男性であり、東京目黒区にある東邦大学医療センター大橋病院で、呼吸器内科に勤める人物です。

2017年の12月末に退社をしているとのことですので、現在は大橋病院には勤務していないということになりますが、おそらく、この事件がきっかけとなり退社をしたのでは無いかと言われています。

なぜなら、この事件は昨年の12月21日ごろ、渋谷区の自宅で女性に覚醒剤を注射し、使用させたとしているからであり、その後根本容疑者は行方をくらませていたのですが、年が明けてから出頭をしているのです。

 

犯行動機は?

では、犯行動機は一体何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、根本容疑者は調べに対して「身に覚えが無い」と容疑を否認しているとのことで、その動機については自らの口で語ることは無いのですが、おそらく薬物漬けにすることによる快楽を求めたかったというのが本音でしょう。

覚醒剤を使用しての性交渉は、普段のそれよりも何十から何百倍もの快感を得られるそうで、それが止められなくて、薬から抜け出せないという人も多いそうです。

それは特に女性側に顕著に現れるのだそうですし、男性側も持続力が増すなどの効果が一時的ですが、得られために、たとえ不倫相手であったとしても、このように覚醒剤を注射してまでも体を求めることは十分に考えられるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

不倫相手の女性について

不倫相手の女性、すなわち今回の被害女性ですが、一体どのようの人物なのでしょうか?

「寝ている間に覚醒剤を打たれたかもしれない」と、その驚きの手口を公開していますが、寝ているのにも関わらず、”覚醒剤”だと分かるというのは、前もって使用したことのある人物か、それとも非常に詳しい人物の二択に迫られてくると思われます。

また、暴力も振るわれていた可能性もあり、暴行罪での立件も視野に入れることも考えられますが、覚醒剤の陽性反応が出たということで、この場合の罪の行く末がどのようのなるのかは、司法のみが判断できることであると思います。

いずれにしても、顔画像や名前などは公開されておらず、20代の女性ということだけしか判明していないのであります。

 

根本容疑者の勤務先は?

出典:ドクターズ・ファイル

根本容疑者は、前述した通り、2017年の年末に退社をしていますが、以前は東京都目黒区にある「東邦大学医療センター大橋病院」に勤務をしており、そこの呼吸器内科に勤めていたそうです。

病院のホームページも存在するのですが、退社したからなのか、今回の事件が原因なのかは定かではありませんが、「根本雄志」の名前を見つけることは出来ませんでした。

 

根本容疑者の顔画像は?

そんな凄まじい犯行をしてしまった医師の根本容疑者の顔画像などはあるのでしょうか?

報道機関では顔画像は公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

また、FacebookなどのSNSを調べてみましたが、同姓同名のアカウントが数多く存在しており、その中で特定をすることは困難であったために、こちらも公開は控えさせて頂きます。

いずれにしても、不倫・薬物注射・暴行と数多くの刑事罪と民事罰を犯してしまった根本容疑者には、それなりの処罰が下ることを祈っています。

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!