伊藤菊子(きくこ)容疑者の顔画像の特定情報がこちら!名前が”自称”の意味についても!横須賀市の児童施設で警備員を刺した女性を逮捕

この記事は2分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

20日夜、神奈川県横須賀市の児童相談所などが入る施設で、警備員の男性を切りつけ殺害しようとしたとして44歳の伊藤菊子(いとう きくこ)容疑者が逮捕されました。

児童施設の警備員刺される 女を現行犯逮捕

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

20日午後10時20分ごろ、神奈川県横須賀市小川町の児童支援施設「はぐくみかん」の男性警備員(72)から「女に刺された」と110番通報があった。警備員は背中などを刺され重傷。駆け付けた県警横須賀署員が、殺人未遂の疑いで自称伊藤菊子容疑者(44)を現行犯逮捕した。

署によると、伊藤容疑者は夜間通用口に1人でいた警備員を刺した。施設関係者ではなく、意味不明なことを話しているという。署は、刑事責任能力の有無や程度を慎重に調べる。

逮捕容疑は、20日午後10時ごろ、男性警備員の背中と右腕をサバイバルナイフのようなもので刺したとしている。

施設には、児童を一時的に保護する児童相談所の機能もある。

出典:産経ニュース

 

伊藤菊子容疑者について

こちらが、逮捕された伊藤菊子容疑者のプロフィールです。

名前:伊藤菊子(いとう きくこ)※自称

年齢:44歳

職業:不詳

在住:不明

伊藤菊子容疑者は、「子どもを返して」などと言いながら、持っていたサバイバルナイフで警備員を切りつけ現行犯逮捕された人物です。

調べに対し、黙秘をしている他、意味不明な発言を繰り返していることからも、刑事責任能力の有無が心配される他、精神鑑定が必要な場合もあるとして、警察は慎重に取り調べを進めていく方針です。

ちなみに、顔画像などの情報は入ってきておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、「子供を返して」と叫びながら、警備員を襲ったとのことで、児童支援施設に子供を預けていた可能性もあります。

児童支援施設ですが、神奈川県横須賀市小川町にある「はぐくみかん」ということのようですが、襲う理由に該当するとすれば、無理やり伊藤菊子容疑者の子供を施設に収容したということになります。

しかしながら、そういった強制的に行うようなことは考えにくく、刑事責任能力の欠如も疑われることからも、伊藤菊子容疑者には子供はおらず、被害妄想による幻覚なのではないかということが考えられるでしょう。

 

名前が”自称”の理由について

今回の報道で一番気になったのは、「伊藤菊子」という名前が自称だということです。

容疑者の職業などには、”自称”という文言が使われることもあるかと思いますが、これは全国紙の社会部に所属する記者によれば、以下のような定義があるのだそうです。

「逮捕が深夜で勤務先に確認が取れず、最初の発表では自称がついていたとしても、一般的にはウラが取れた段階で“自称”は外されます。ただ、占い師のように実態がよくわからない職業の場合はずっと自称がついたままだったりしますが。一方、有名企業などの社員が、会社に知られたくないからあえて『無職』などと言うこともあるようです」

出典:日刊SPA!

これはあくまで「自称会社員」とか、「自称音楽プロデューサー」などといった、職業に関するものであり、決して容疑者の指名に付けられるものではありません。

ですが、記者の定義に沿って紐解いていけば、「伊藤菊子」という名前は、身分を証明するものを本人が持っていなかったために、口頭で口にした名前を警察が報道機関へ発表したことから、ウラが取れていないという理由で、”自称”がついたのでしょう。

いずれにしても、精神疾患を疑われる人物による殺傷事件なだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 

あなたにおすすめの記事

 

庄野数馬アナウンサーの就業規則違反の内容が判明か!真相は女性社員へのセクハラが原因?

 

 
error: You never click here!!