菅原佳祐(けいすけ)と桜井聖哉(せいや)の2人の顔画像がこちら!連続バット強盗の動機も判明!さいたま市の強盗事件の容疑者は致死事件にも関与か

この記事は2分で読めます

出典:NNN

スポンサーリンク

さいたま市の路上で金品を奪う目的で男性をバットで殴り重傷を負わせたとして、埼玉県警は強盗致傷容疑で、菅原佳祐(すがわら けいすけ)容疑者と桜井聖哉(さくわい せいや)容疑者の2人の容疑者を逮捕しました。

路上強盗容疑で男2人逮捕 致死事件にも関与か

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

さいたま市の路上で金品を奪う目的で男性をバットで殴り重傷を負わせたとして、埼玉県警は強盗致傷容疑で、いずれも同市桜区の、建設作業員、菅原佳祐容疑者(22)と無職、桜井聖哉容疑者(22)を逮捕した。県警によると、同じ日に隣接する同県志木市で、強盗被害に遭ったとみられる男性がその後死亡する事件があり、2人は関与を認めている。

逮捕容疑は6日午前0時40分ごろ、さいたま市中央区の歩道で、徒歩で帰宅中の同市浦和区の男性建設作業員(61)の頭部などを金属バットで数回殴り負傷させたとしている。

出典:産経ニュース

 

2人の容疑者について

こちらが、逮捕された菅原佳祐容疑者のプロフィールです。

名前:菅原佳祐(すがわら けいすけ)

年齢:22歳

職業:建設作業員

在住:埼玉県さいたま市桜区

こちらが、逮捕された桜井聖哉容疑者のプロフィールです。

名前:桜井聖哉(さくらい せいや)

年齢:22歳

職業:無職

在住:埼玉県さいたま市桜区

2人の容疑者は、さいたま市の路上で帰宅途中の男性をバットで殴り大ケガをさせ、金を奪おうとした疑いで逮捕された人物で、同じ日に志木市の路上で桜井俊克さん(63歳)がバットで殴られ死亡した事件についても関与を認めているのだそうです。

さらに、報道機関の発表によれば、他にも複数件やったとのことで、余罪の追求もされそうな一件です。

ちなみに、桜井聖哉容疑者と思われる顔写真がこちらです。

出典:NNN

菅原容疑者については、顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第随時お伝えしていきます。

スポンサーリンク

犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

おそらくですが、金品を奪取する目的で、犯行に及んだものと思われます。

しかしながら、路上を歩いている人がそこまでの大金を持っている可能性は非常に低く、どのみち捕まる覚悟でやるのであれば、強盗は銀行などもっと別の場所にて行うべきだったと思われます。

だからといって決して強盗が推奨されるわけではありませんが、このような低脳な人物からすれば、これが一番手っ取り早くお金を稼ぐ方法だったのでしょう。

これによって何の罪もない人間が命を落としているということを、2人の容疑者にはしっかりと認識させなければなりません。

いずれの容疑者も22歳を非常に若く、何の罪もない人物を襲う権利など何人もない中での犯行であるだけに、裁判では重い判決が下ること祈っています。

強盗殺人の場合は、少なくとも一発で実刑であり、無期懲役か死刑が求刑されることでしょう。

 

余罪の追求も

この事件だけではなく、2人の容疑者はさらに余罪への関与も認めているとのことで、遺族や被害者の方々が放っておくわけがありません。

このような凶悪犯は、二度と社会に復帰させてはいけませんし、いかなる理由があったとしても情状酌量などの余地は認められないでしょう。

自分たちの私利私欲のためになら、人を傷つけていいというのは明らかなエゴでありますし、法治国家においては決して許されるべき事件ではありません。

ましてや、目的が”お金”ともなると、自分で稼ぐことが出来ない劣等感に苛まれながら、お金を稼げないことを嘆き、犯行に及ぶという卑劣極まりない行為であり、非人道的な行為でもあります。

一件では飽き足らず、何件も犯行を繰り返していくうちに、殺人を犯してしまったとのことで、警察側にはしっかりと取り調べをしてもらいたいものです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

石井利樹(としき)容疑者の顔画像を特定か!犯行は26歳の内縁の妻とのトラブルが原因か?岐阜市で乳児の腸を破裂させた父親を逮捕

 

 
error: You never click here!!