関光彦(てるひこ)の顔画像がこちら!生き残った少女の現在は?市川一家殺害事件の概要が酷すぎる!

この記事は3分で読めます

出典:NAVER


スポンサーリンク

千葉県市川市の会社役員一家4人殺害事件(1992年)で強盗殺人罪などで死刑が確定した関光彦死刑囚(44)ら2人の刑が19日午前、執行されました。

4人殺害、重大さ考慮か 法相異例の決断

毎日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

千葉県市川市の会社役員一家4人殺害事件(1992年)で強盗殺人罪などで死刑が確定した関光彦死刑囚(44)ら2人の刑が19日午前、執行された。関死刑囚は事件当時19歳。20歳未満を適用対象とする少年法は、事件当時18歳未満だった少年の死刑を禁じているが、18、19歳は許容されている。同日の記者会見で執行を明らかにした上川陽子法相は事件の被害の甚大さなどから異例の執行を決断したとみられる。

事件当時少年だった死刑囚の執行は、4人を射殺した永山則夫元死刑囚(執行時48歳)の例がある。永山元死刑囚の最高裁判決(83年)は死刑選択の基準として9項目を挙げ、それらを総合考慮するとした。この「永山基準」の一つとして被告の年齢が挙げられているが、永山元死刑囚は死刑判決が確定し、97年に執行されている。

出典:毎日新聞

 

関光彦死刑囚について

こちらが、関光彦死刑囚のプロフィールです。

名前:関光彦(せき てるひこ)

生年月日:1973年1月生まれ

年齢:現在44歳(事件当時19歳)

関光彦死刑囚は、市川一家4人殺害事件を引き起こし、強盗殺人などの罪に問われていた44歳の死刑囚であり、犯行当時未成年であったにも関わらず、死刑が執行された珍しいケースの人物でもあります。

関死刑囚が9歳の時に、父親の借金が億を超えたのだそうで、その返済のために鰻屋のチェーン店オーナーであった祖父の資産をほとんど失い、一家は貧乏な生活を余儀無くされていたのだそうです。

このことがきっかけとなり、関死刑囚は母親や弟などに暴力を振るうようになっていったのだそうで、高校へは進学をしたものの、恐喝などがきっかけとなり、およそ1年あまりで自主退学をしています。

高校中退後は、祖父の鰻屋でアルバイトをしていましたが、夜な夜な夜の街へ繰り出しており、遊ぶ金欲しさに暴行や恐喝、傷害、強姦など、ありとあらゆる犯罪を繰り返していました。

関死刑囚は18歳の時にフィリピン人女性と結婚しましたが、奥さんは3ヶ月あまりで母国へと帰国し、このことが引き金となり、フィリピンパブで働く女性を店には無断で連れ出し、アパートへと無理やり泊めていたのだそうです。

しかしながら、このことが経営者にばれ、暴力団関係者経由で関死刑囚は風俗店におよそ200万円の慰謝料を請求されていたのだそうで、このお金を返済するために、市川一家殺害事件を引き起こしたとされています。

 

関光彦の顔画像は?

「関光彦」と検索すると、顔画像などがいっぱい出てきますが、以下のようなモザイク加工をされている写真ばかり掲載されています。

では、モザイクなしの顔画像などはあるのでしょうか?

ネット上では、こちらの写真がそうなのでは無いかと言われています。

 

卒業アルバムと思しき写真でありますし、間違い無いかと思われますが、情報源(ソース)が曖昧なことから、本物かどうかの判断は難しいです。

 

市川一家殺害事件とは?

1992年2月12日、千葉県市川市の住宅地を自転車で走る少女を見かけた関光彦死刑囚は、少女に追突して接触をはかり、病院から帰る途中に、ナイフでその少女を脅し性的暴行を加えます。

そして、少女から現金を奪い、生徒手帳から住所と名前を控えたのです。

当時、関死刑囚はフィリピンパブのホステスに手を出しており、暴力団から200万円を用をするように脅されています。

3月5日、関死刑囚はレイプをした少女の自宅へと赴き、金銭を奪う計画を立てるのです。

少女のマンションについた関死刑囚は、鍵が掛かっていないことに気づき、そのまま、家の中へ侵入。

家に入ってリビングで金銭を物色していると、少女の祖母が別室で寝ていることに気がつき、通帳のありかを聞き出そうと接触を図った際に、その祖母から唾をかけられたことに激昂した関死刑囚は近くにあったコードで絞殺をします。

その後、少女を母親が帰宅。

背後から近づき、ナイフで脅しましたが、母親は怯まずに抵抗をしてきたために、メッタ刺しにします。

その後、少女の4歳になる妹が保育園の帰りで、保育士さんに連れられて帰宅し、少女と少女の妹3人で食事をしたのちに、少女の妹を祖母の部屋に追いやると、再び少女をレイプしたのです。

しかし、レイプをしている最中に父親が帰宅をしたために、その父親の背後に回り込み、父親の左肩を包丁で突き刺したのち、200万円を請求し、通帳のありかを聴き出します。

その後、父親を殺害すると、少女と2人で暴力団の事務所に向かい、通帳と印鑑を渡しましたが、この際に少女は暴力団関係者に対してSOSを発信しています。

関死刑囚はその後、少女をラブホテルへと連れ出し、再びレイプをしてから少女の自宅へと帰宅し、少女の4歳の妹が泣き止まなかったという理由で、関死刑囚はそのまま妹を刺殺。

少女のSOSを受け取った暴力団関係者の通報により、関死刑囚は逮捕されたのです。

 

あなたにおすすめの記事

 

関 光彦(てるひこ)死刑囚のモザイク無し顔画像が判明か?再審請求中に死刑執行は出来るの?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!