関 光彦(てるひこ)死刑囚のモザイク無し顔画像が判明か?再審請求中に死刑執行は出来るの?

この記事は3分で読めます

出典:NAVER


スポンサーリンク

法務省は19日、千葉県市川市で一家4人を殺害したなどとして、強盗殺人などの罪に問われた関光彦(せき てるひこ)死刑囚と、松井喜代司死刑囚の死刑を執行しました。

市川一家4人殺害の関光彦死刑囚らの死刑執行

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

法務省は19日、千葉県市川市で一家4人を殺害したなどとして、強盗殺人などの罪に問われた関光彦死刑囚(44)=犯行当時(19)=と、群馬県安中市で親子3人を殺害した松井喜代司死刑囚(69)の死刑を執行したと発表した。関係者によると、関死刑囚は再審請求中だった。犯行当時未成年の死刑執行は永山則夫元死刑囚=平成9年執行、当時(48)=以来となる。

死刑執行は7月以来。第2次安倍政権下での死刑執行は計21人となった。19日時点の未執行の確定死刑囚は、再審開始決定を受けて釈放されている袴田巌さん(81)を除き122人となった。

 確定判決によると、関死刑囚は平成4年3月5日、別の事件の被害者だった少女の家である千葉県市川市のマンションに押し入り、祖母=当時(83)、父親=同(42)、母親=同(36)、妹=同(4)=の4人を次々に殺害。貯金通帳を奪うなどした。

出典:産経ニュース

 

関光彦死刑囚について

こちらが、関光彦死刑囚のプロフィールです。

名前:関光彦(せき てるひこ)

生年月日:1973年1月生まれ

年齢:現在44歳(事件当時19歳)

関光彦死刑囚は、市川一家4人殺害事件を引き起こし、強盗殺人などの罪に問われていた44歳の死刑囚であり、犯行当時未成年であったにも関わらず、死刑が執行された珍しいケースの人物でもあります。

関死刑囚が9歳の時に、父親の借金が億を超えたのだそうで、その返済のために鰻屋のチェーン店オーナーであった祖父の資産をほとんど失い、一家は貧乏な生活を余儀無くされていたのだそうです。

このことがきっかけとなり、関死刑囚は母親や弟などに暴力を振るうようになっていったのだそうで、高校へは進学をしたものの、恐喝などがきっかけとなり、およそ1年あまりで自主退学をしています。

高校中退後は、祖父の鰻屋でアルバイトをしていましたが、夜な夜な夜の街へ繰り出しており、遊ぶ金欲しさに暴行や恐喝、傷害、強姦など、ありとあらゆる犯罪を繰り返していました。

関死刑囚は18歳の時にフィリピン人女性と結婚しましたが、奥さんは3ヶ月あまりで母国へと帰国し、このことが引き金となり、フィリピンパブで働く女性を店には無断で連れ出し、アパートへと無理やり泊めていたのだそうです。

しかしながら、このことが経営者にばれ、暴力団関係者経由で関死刑囚は風俗店におよそ200万円の慰謝料を請求されていたのだそうで、このお金を返済するために、市川一家殺害事件を引き起こしたとされています。

ちなみに、その死刑囚の顔画像がこちらです。

出典:NAVER

モザイクなしの画像がこちらです↓

関光彦(てるひこ)の顔画像がこちら!生き残った少女の現在は?市川一家殺害事件の概要が酷すぎる!


スポンサーリンク

 

再審請求中だった

報道機関の発表によれば、関死刑囚は再審請求中だったとのことで、死刑が執行されることに驚きを隠せなかったかもしれません。

1989年に発生した、綾瀬女子高生コンクリート詰め事件では、少年による犯罪であったために、死刑にはならずに済んだという判例もあることから、関死刑囚も自分も未成年であるから「死刑になるはずがない、これで初年院行き」と高をくくっていたそうです。

しかしながら、判決のあった公判では「犯行は残虐かつ冷酷であり、金目当てに何の落ち度もない4人もの命を理不尽に奪おうという身勝手な動機で、類稀な凶悪犯罪」であると、きっぱりと関死刑囚の主張を絶ったのです。

これに納得がいかなかった関死刑囚は高等裁判所、最高裁、にそれぞれ控訴・上告をしていましたが、いずれも棄却され、死刑が確定してました。

さらに納得がいっていない関死刑囚は、裁判のやり直しを求める再審を請求していましたが、この事件は誰がどのように判断しても、死刑判決以外はあり得ないというほど、凶悪なのですが、唯一考慮に入れると考えれば、犯行当時関死刑囚は19歳で未成年であるということだけなのです。

モザイクなしの画像がこちらです↓

関光彦(てるひこ)の顔画像がこちら!生き残った少女の現在は?市川一家殺害事件の概要が酷すぎる!

 

再審請求中に死刑執行できるの?

このニュース報道がされた時に、関死刑囚は再審請求中であったにも関わらず、なぜ死刑が執行されたのか?と疑問を持ったかたもいらっしゃるかもしれません。

日本の裁判所においては再審請求が認められる事件は年平均わずか2~3件程度と極めて稀なケースであり、日本の再審制度は俗に「開かずの扉」と言われているほど、再審請求が通るのは稀なのだと言います。

刑事訴訟の場合、証言や証拠が捏造や虚偽であった場合や、有罪判決を受けた者の利益となる、新たな証拠が発見されたときなどに、再審請求が認められ、再び裁判が行われることになりますが、今回の一件ではそのようなことは一切なさそうです。

また、再審請求中であっても死刑執行はでき、これは法律違反でも何でもなく、再審請求中に死刑執行を一時取りやめるというのは、一種の慣例に過ぎないのだそうです。

現に、1991年に発生したスナックママ連続殺人事件の公判でも、再審請求中に死刑が執行されています。

いずれにしても、再審請求中の異例の死刑執行なだけに、世間に波紋が広がりそうな一件です。

モザイクなしの画像がこちらです↓

関光彦(てるひこ)の顔画像がこちら!生き残った少女の現在は?市川一家殺害事件の概要が酷すぎる!


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

関光彦(てるひこ)の顔画像がこちら!生き残った少女の現在は?市川一家殺害事件の概要が酷すぎる!

 

 

桂あやめと西川正勝は交際していた?スナックママ連続殺人事件の真相がヤバい!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!