自転車スマホの女子学生(川崎市)を特定か!顔画像や名前判明で、書類送検の理由がヤバい!

この記事は3分で読めます

出典:JNN


スポンサーリンク

川崎市で今月7日、電動自転車と歩行者の女性がぶつかり女性が死亡する事故があり、警察は、スマートフォンを操作しながら自転車を運転していた女子大学生を重過失致死の疑いで書類送検する方針です。

今回は、この川崎市の女子学生が誰なのか?や、なぜ書類送検なのか?といったことについて迫ってみたいと思います。

自転車スマホで女性死なす 川崎、容疑で大学生書類送検へ

神奈川新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

川崎市麻生区で7日、電動自転車と歩行者がぶつかり、その後に歩行者が死亡する事故があり、麻生署が重過失致死の疑いで、電動自転車の女子大学生(20)=同区=を書類送検する方針を固めたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。運転中にスマートフォンを操作していたとみられ、同署はこの行為が重大な過失に当たると判断した。横浜市鶴見区でも12日夜に自転車による死亡事故が発生し、県警は注意を呼び掛けている。

(ー中略ー)

出典:カナロコ

 

自転車スマホの事件の経緯は?

この事件は、12月7日15時15分頃、神奈川県川崎市麻生区「小田急線新百合ケ丘駅近くの市道(上麻生2丁目)」で発生しました。

概要としては、遊歩道から市道に出ようと電動自転車を発進させた区内の女子学生と、歩道を歩いていた近くに住む無職の77歳の女性が出合い頭に衝突し、77歳の女性は転倒して頭を強く打ち病院に搬送されたのですが、12月9日の午前7時半ごろに死亡が確認されたのです。

捜査関係者によれば、事故を起こした女子学生は自転車を運転中にスマホをイジっており、前方不注意で女性を死なせたのだと言いますが、女子学生は当時、左耳にイヤホンをつけ、左手にスマホを、右手には飲み物というとても自転車を運転する格好とは思えない姿で、運転をしていたのだそうです。

これに対し、女子学生は「ぶつかるまで気付かなかった」と話しているといい、自転車スマホならびに、イヤホンそして、飲み物を持って運転をしていたために、早期発見することが困難であったのでしょう。

ちなみに、この自転車スマホ、イヤホン、片手に飲み物という行為が危険運転のフルスペックであるために、ネット上では”役満”と揶揄されているのも現状です。

 

自転車スマホの女子大生は?

では、このなんとも胸糞悪い事件を起こし、書類送検された人物は一体誰なのでしょうか?

現時点では、「書類送検」でありますので、顔画像や名前などの詳細な情報は一切公開されておりませんが、こちらに関しては検察側が立件し裁判ともなると、そのような情報が入ってくると思いますので、その際は随時お伝えしていきます。

今の所、判明しているのは川崎市麻生区周辺に在住している20歳の女子学生ということのみで、そのほかの詳細な情報は一切入ってきておりません。

しかしながら、ネット上ではこの女子学生に対して、なぜ書類送検なのか?といった意見が多数寄せられているのです。


スポンサーリンク

 

なぜ書類送検なのか?

では、死亡事故を起こしているにも関わらず、なぜ書類送検なのでしょうか?

書類送検は警察側が、検察に書類を送検することをいい、身柄を拘束する必要がないと判断した場合に適用されますが、今回のケースでは、この女子学生に非があることは十分に明白であり、証拠隠滅のために逃亡したりするようなことは無いと判断されたために、書類送検なのでしょう。

決して、罪が軽いがために書類送検であるということはありません。

自転車の人身事故(死亡事故も含む)の場合、自動車の時と同様に民事責任と刑事責任に問われます。

民事では、被害者や遺族から損害賠償の請求がされることとなりますので、どのみち裁判は行うものと思われますが、その際は以下のような計算式で損害賠償が算出されます。

「損害賠償の請求額 = (積極損害+消極損害+慰謝料) × 相手の過失割合」

さらに、検察側は刑法第211条「重過失傷害」の適用を求めて立件すると見られ、100%の過失が見られる場合は、有罪判決が下ることでしょう。

そうなれば、5年以下の懲役若しくは禁固又は50万円以下の罰金に処される可能性があります。

懲役・禁固・罰金のいずれになるか、実刑になるか執行猶予付きになるかは、裁判によって決定されますが、おそらく被害者が死亡している人身事故の場合で、被告側が100%の過失の場合は一発で実刑判決が下るとみて間違い無いでしょう。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

大矢誠被告の猫の虐待動画がこちら!死刑ではなく執行猶予がついた理由も判明!元税理士に非情な裁判結果が

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!