小松辰雄の店は名古屋にある居酒屋の海鮮山!死亡事故の事故原因は飲酒運転だった?

この記事は2分で読めます

出典:livedoor Blog


スポンサーリンク

元中日ドラゴンズの投手で、現在は会社役員を務めている小松辰雄氏が自動車での死亡事故を起こし、話題となっています。

今回は、その小松辰雄氏がオーナーを務めるというお店について迫ってみたいと思います。

元中日小松辰雄氏が人身事故 自転車の男性死亡

日刊スポーツ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

12日午後10時ごろ、名古屋市東区赤塚町の交差点で、同市千種区宮根台、元プロ野球中日投手で会社役員小松辰雄さん(58)が運転する乗用車が、横断していた自転車の男性と衝突した。男性は病院に搬送されたが、約10時間後、急性硬膜下血腫で死亡した。

東署によると、現場は信号機と横断歩道のある交差点。小松さんは交差点を直進しようとしたところ、左から来た自転車と衝突したという。男性は30代ぐらいとみられ、同署は身元の確認を急いでいる。小松さんは仕事からの帰宅途中で、同乗者はいなかった。

同署が小松さんから事情を聴くなどし、詳しい事故の状況を調べている。

小松さんは1978年、ドラフト2位で石川・星稜高から中日に入団。中日のエースとして活躍し、通算122勝を挙げた。94年に引退した。

出典:日刊スポーツ

 

小松辰雄氏について

こちらが、死亡事故を起こした小松辰雄氏のプロフィールです。

「小松辰雄」の画像検索結果

名前:小松辰雄(こまつたつお)

生年月日:1959年5月10日

出身:石川県羽咋郡富来町

職業:元プロ野球選手(中日ドラゴンズ所属)、野球解説者、会社役員

小松辰雄氏は、中日ドラゴンズのエースとして活躍した人物で、高校時代は、1976年の夏の甲子園で石川・星稜高等学校の2年生エースとして準決勝まで進出、その年の優勝校である西東京代表の桜美林高校に敗退したものの、その剛速球は注目を集めました。

プロとしても活躍しており、現役時代は150キロの豪速球を投げる剛腕投手として対戦相手から恐れられるほどの存在であり、スピードガンの申し子などという異名を持っていることでも知られていました。

中日ドラゴンズでは1994年に引退するまでに通算で122勝を上げており、その後は二軍の投手コーチや、野球解説者としても活躍。

現在は、お店(居酒屋)を経営する会社役員としても知られています。


スポンサーリンク

 

小松辰雄のお店とは?

小松辰雄氏がプロデュースするお店とは一体どのようなお店なのでしょうか?

それは「焼き処 旨い物 海鮮山」というお店のようで、愛知県名古屋市中区錦3-18-13アミューズ錦2階に位置しています。

非常に食材にはこだわっている様子で、小松辰雄氏の地元である石川県の食材を多く使っているのもの特徴の一つです。

食べログや、グーグルでの評価も高く、足しげく通う常連さんもいらっしゃるとのことで、地元の方に大変人気であることが伺えるのも、ひとえにオーナーである小松辰雄氏の努力の賜物であると言っても過言ではありません。

そんな小松辰雄氏のお店ですが、今回の件で閉店がされるのでは?との見解が多くなされていますが、現段階ではそのような情報は入ってきておらず、閉店するかどうか分かりませんので、これに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていくことにします。

小松辰雄は飲酒運転だったのか?

小松辰雄氏ですが、事故原因は何だったのでしょうか?

居酒屋のオーナーということもあって、飲酒をした後に、帰宅するということがあったのかもしれませんが、現時点では直接的な原因が飲酒であるという情報は一切入ってきておりませんし、もしも、酒気帯び運転であったとするならば、呼気からアルコールが検出されると思いますので、そういった事実はないのではないかと考えるのが妥当でしょう。

いずれにしても、元プロ野球選手による事故なだけに、一層の波紋が広がることは間違いありません。

 

あなたにおすすめの記事

 

小松辰雄の結婚歴と娘がすごい!再婚相手は17歳下で次女はプロゴルファーの小松亜有!離婚した理由などについても

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!