エアガンで猫を撃った犯人の特定情報がこちら!顔画像や名前(本名)も判明!大阪堺市西区の会社員の男を書類送検

この記事は4分で読めます

出典:NNN


スポンサーリンク

他人の飼い猫に向けてエアガンを撃ったとして、大阪府警は12日、堺市西区の会社員の男(38)を動物愛護法違反(虐待)の疑いで書類送検されたことが明らかとなりました。

他人の飼い猫招き寄せエアガンで 虐待容疑で書類送検

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

他人の飼い猫に向けてエアガンを撃ったとして、大阪府警は12日、堺市西区の会社員の男(38)を動物愛護法違反(虐待)の疑いで書類送検し、発表した。「以前にエサをやったときに猫に指を引っかかれ、仕返しするためにエアガンで撃った」と容疑を認めているという。

住之江署によると、男は11月24日午後1時半ごろ、大阪市住之江区の住宅の駐車場で放し飼いにされていた猫にエアガンを発射し、虐待した疑いがある。男は「びっくりして逃げていくのが楽しかった」と供述しているという。命中したかどうかは不明で、猫にけがは確認されていない。

飼い主の男性が先月、車の運転席から男が猫に向けてエアガンを撃つ様子が映った防犯カメラ映像をツイッターに投稿し、批判が広がっていた。映像には、黒色の乗用車に乗った男が運転席からエサのようなものを投げ、その後、猫が寄ってきたところでエアガンを発射する様子が映っていた。

出典:朝日新聞デジタル

猫への虐待と言えば、猫12匹を死傷させた大矢誠被告に執行猶予付きの判決が下されました↓

大矢誠被告の猫の虐待動画がこちら!死刑ではなく執行猶予がついた理由も判明!元税理士に非情な裁判結果が

 

エアガンで撃った犯人は誰なのか?

エアガンで撃ったとされる犯人は一体誰なのでしょうか?

今回書類送検されているといいますが、今後立件されるとなると、その顔画像や名前などの詳細な情報が明るみに出ることと思われますが、現段階では特定するにはいたっておりませんので、こちらに関しては情報が入り次第、随時お伝えしていきたいと思います。

ですが、報道機関の発表によれば以下のような特徴があるそうです。

●大阪府堺市西区在住

●38歳の会社員

ちなみに、その顔画像がこちらです。

出典:Twitter

エアガンで撃つという行為は一体どのような罪に問われるのでしょうか?

そして、なぜ書類送検という処置が取られているのでしょうか?

猫への虐待と言えば、猫12匹を死傷させた大矢誠被告に執行猶予付きの判決が下されました↓

大矢誠被告の猫の虐待動画がこちら!死刑ではなく執行猶予がついた理由も判明!元税理士に非情な裁判結果が

 

何の罪に問われるのか?

では、今回エアガンで発砲したとされるこの会社員はどのような罪に問われるのでしょうか?

まずは、皆さんもご存知の通り、動物愛護法違反の罪に問われます。

動物愛護法第44条には、「愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。」とあります。

さらに、器物損壊罪に問われる可能性も十分にあるのです。

刑法第261条には「前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。」とあります。

つまり、この男性は二つの罪に問われる可能性があるのですが、逮捕ではなく書類送検とはいったい何故なのでしょうか?


スポンサーリンク

 

逮捕ではなく、書類送検な理由

そもそも、書類送検と逮捕は何が違うのでしょうか?

逮捕とは通常逮捕・現行犯逮捕・緊急逮捕の3種類に分けられ、通常逮捕以外は令状なしに逮捕を行うことができます。

現行犯逮捕は、現在進行形で犯罪を行っている者に対して行う逮捕であり、緊急逮捕とは殺人罪や強盗罪など重罪を犯した者に対し、逮捕の緊急性がある時に、逮捕令状無しに逮捕する事を言いますが、いずれも例外的な措置に該当します。

日本の司法においては、”推定無罪”が適用されていますので、どんなに凶悪な犯罪を現行犯で行っていたとしても裁判で起訴され刑が確定するまでは「容疑者」もしくは、「被告」として扱われるのです。

そのため、警察が容疑者を逮捕するに当たっては、裁判所からの逮捕令状がなくては逮捕することが出来ないのです。

警察側は逮捕したのちに、裁判で立件(起訴)してもらうために様々な証言や証拠を突きつける取り調べなどを行いますが、これは逮捕されてから48時間以内に行う必要があります。

すなわち、48時間を過ぎれば、警察側は容疑者を拘束出来なくなりますので、そこで初めて書類送検が行われるわけです。

 

書類送検とは?

書類送検とは警察側が取り調べをした調書などの“書類”を”検”察側に”送”致することを言います。

容疑者を逮捕するためには、しっかりとした捜査の下、容疑者を逮捕するに値する証拠を挙げ、裁判所に逮捕令状を発行することで、初めて逮捕することが出来ますが、逮捕するのは「警察」にしか出来ない仕事です。

ですが、その容疑者を裁判所で審判にかけるかどうかの判断、つまり『起訴』するかどうかの判断が出来るのは「検察」にしか出来ません。

逮捕されても「裁判にかける必要がない」と検事が判断した場合は、不起訴処分となり釈放されますが、この起訴するか否かの判断は、警察から書類が送検されてきてから24時間以内に行わなければならないのです。

つまり、『書類送検』とは『逮捕』をせずに検察に書類を送ることで、前科というのは裁判で有罪が確定した時に初めて付きますので、書類送検だけでは前科がつくことはありません。

では、なぜ逮捕の有無が発生するのでしょうか?

前述しましたが、「逮捕」とは警察が容疑者の身柄を拘束することです。

なぜ拘束するのかと言えば、証拠隠滅や容疑者が逃亡する可能性を未然に防ぐためなのです。

そのため、逮捕せずに書類送検だけする場合は、そういった証拠隠滅や容疑者逃亡の可能性が比較的低いと判断された、罪が軽い事件が対象になることが多く、逮捕する必要があまりない場合に適応されます。

すなわち、書類送検だけされた場合には結果的に不起訴になることも多いのも現状です。

 

Twitter上の反応

これに対して、Twitter上では様々な意見が寄せられていますので、ご紹介します。

いずれにしても、非常に胸糞悪い事件なだけに、裁判で有罪判決が下さることを祈るばかりです。


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

猫への虐待と言えば、猫12匹を死傷させた大矢誠被告に執行猶予付きの判決が下されました↓

大矢誠被告の猫の虐待動画がこちら!死刑ではなく執行猶予がついた理由も判明!元税理士に非情な裁判結果が

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!