【画像あり】富岡茂永(しげなが)の顔写真がこちら!事件の背景や経緯を時系列で解説!

この記事は2分で読めます

出典:時事通信社

スポンサーリンク

東京江東区で発生した、富岡八幡宮での殺人事件で、容疑者とされる富岡茂永容疑者ですが、事件後に自ら命を絶っており、さらには姉の長子さんにも脅迫などを行なっていることが明らかとなりました。

今回は、そんな富岡茂永容疑者の顔画像や経歴などについて迫ってみたいと思います。

富岡八幡宮事件、宮司ら3人の死亡確認 容疑の弟自殺か

朝日新聞DIGITAL他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京都江東区の富岡八幡宮周辺で7日夜、血を流した男女4人が倒れていた事件で、警視庁は8日、宮司の富岡長子(ながこ)さん(58)らを、富岡さんの弟で元宮司の富岡茂永(しげなが)容疑者(56)と茂永容疑者の妻が襲ったとみられると明らかにした。防犯カメラの映像などから、茂永容疑者が富岡さん殺害後に妻を刺し、自殺したとみて殺人容疑で調べている。3人はいずれも死亡が確認された。

(ー中略ー)

出典:朝日新聞DIGITAL

 

富岡茂永容疑者について

こちらが、2人を襲撃し自らも命を絶った富岡茂永容疑者のプロフィールです。

名前:富岡茂永(とみおか しげなが)

年齢:56歳

職業:無職

在住:不明

学歴:駒大、皇學館学

富岡茂永容疑者は、富岡八幡宮の長女である富岡長子さんを襲撃したのち、自身の交際相手をさして自らも命を絶った人物で、富岡八幡宮の宮司を務める富岡長子さんの弟でもあり、実家の富岡八幡宮で修行を積んだのち、平成7年に父親である富岡興永前宮司の後継者としても名を馳せた人物です。

2006年には、姉の富岡長子さんに対して、「今年中に決着をつける。覚悟しておけ」 「昔年のうらみ。地獄へ送る」などと書いたはがき2枚を送りつけて脅迫した疑いで逮捕されている、犯罪歴もあります。

犯行動機は、2010年に姉である富岡長子さんが宮司(代務)になったことで、弟の茂永容疑が妬んでの犯行であったとされていますが、富岡容疑者は父親の跡を継いで宮司になったのですが、2001年5月に辞めていたのだそうです。

ちなみにその顔写真がこちらです↓

出典:時事通信社


スポンサーリンク

 

事件の背景には怨恨が

このおぞましい事件の背景には、富岡茂永容疑者が、姉の富岡長子さんが宮司になったことへの恨みが関係しているようです。

さらに神社本庁側も姉の富岡長子さんが宮司になることを認めていませんでしたが、2017年10月に姉の富岡長子が神社本庁からの離脱したことも大きく関係しているとのことです。

ここで、この事件を時系列に整理してみましょう。

1994年(殺された富岡長子の)父親である、富岡興永氏が引退を表明

富岡長子の弟(富岡茂永容疑者)が宮司に就任

富岡茂永容疑者の元に、茂長容疑者の女性問題にまつわる怪文書が送られてくるようになる

弟(富岡茂永容疑者)が女性問題で退任

その代わりに、父親である富岡興永氏が復帰

2006年に怪文書を送ったのが姉であると思い込み、姉の富岡長子さん脅迫し、富岡茂永容疑者が逮捕される

父親の富岡興永氏が引退し、次期宮司に富岡長子さんを指名

神社本庁は、トラブルが多かったために富岡長子さんを宮司と認めず

2017年10月 富岡長子さんが神社本庁からの離脱を発表

2017年12月富岡長子さんが、弟(富岡茂永容疑者)に殺害される


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

富岡茂永(しげなが)の顔画像を特定か!過去の女性問題と犯罪歴がヤバい!宮司相続争いによる怨恨が真相!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!