富岡茂永(しげなが)の顔画像を特定か!過去の女性問題と犯罪歴がヤバい!宮司相続争いによる怨恨が真相!

この記事は4分で読めます

出典:NHK

スポンサーリンク

東京江東区にある、由緒正しい神社である富岡八幡宮で、7日夜になんともおぞましい殺傷事件が発生しました。

今回はその犯人である、富岡茂永容疑者について迫っていきたいと思います。

女性宮司刺され死亡、襲撃の弟と交際相手も死亡

読売新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

7日午後8時25分頃、東京都江東区富岡の富岡八幡宮の敷地内で、女性宮司らが男女に刃物で刺されたとの110番があった。

 東京消防庁や警視庁深川署などによると、同八幡宮の女性宮司、富岡長子さん(58)が胸を刺されて病院に搬送されたが、死亡。宮司専属の男性運転手(33)も負傷した。

 現場近くで、富岡さんの弟の茂永容疑者(56)と、交際相手の女が血を流して倒れており、2人とも搬送先の病院で死亡した。同署は、茂永容疑者が富岡さんを刃物で襲撃した後、交際相手を刺し、自殺を図ったとみて殺人容疑で捜査している。

 同署幹部などによると、茂永容疑者と交際相手の女は、現場近くに隠れて待ち伏せし、車から降りた富岡さんを茂永容疑者が襲撃。女は日本刀を持って男性運転手に襲いかかったという。

 現場には血の付いた日本刀2本とサバイバルナイフ2本が残されており、警視庁は凶器と見て、確認を進めている。

出典:YOMIURI ONLINE

 

富岡茂永容疑者について

こちらが、2人を襲撃し自らも命を絶った富岡茂永容疑者のプロフィールです。

名前:富岡茂永(とみおか しげなが)

年齢:56歳

職業:無職

在住:不明

学歴:駒大、皇學館学

富岡茂永容疑者は、富岡八幡宮の長女である富岡長子さんを襲撃したのち、自身の交際相手をさして自らも命を絶った人物で、富岡八幡宮の宮司を務める富岡長子さんの弟でもあり、実家の富岡八幡宮で修行を積んだのち、平成7年に父親である富岡興永前宮司の後継者としても名を馳せた人物です。

2006年には、姉の富岡長子さんに対して、「今年中に決着をつける。覚悟しておけ」 「昔年のうらみ。地獄へ送る」などと書いたはがき2枚を送りつけて脅迫した疑いで逮捕されている、犯罪歴もあります。

犯行動機は、2010年に姉である富岡長子さんが宮司(代務)になったことで、弟の茂永容疑が妬んでの犯行であったとされています。

ですが、富岡容疑者は父親の跡を継いで宮司になったが、2001年5月に辞めていたのだそうです。

ちなみに、顔画像などの情報は公開されておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

追記:富岡茂永容疑者の顔画像が判明しました↓←NEW

【画像あり】富岡茂永(しげなが)の顔写真がこちら!事件の背景や経緯を時系列で解説!

 

富岡八幡宮の宮司は富岡茂永だった

もともと、富岡八幡宮の宮司は富岡茂永容疑者や富岡長子さんの父親である富岡興永氏が担当していました。

1994年に、長男である富岡茂永容疑者は、富岡興永氏から宮司の座を譲り受けました。

日本の伝統や格式を重んじるのであれば、長男すなわち男性が継承するのはいたって普通のことでありますが、富岡茂永容疑者が富岡八幡宮の宮司として職務についてからは、怪文書が送りつけられてきたりしたのだそうです。

この怪文書の内容なのですが、富岡茂永容疑者のプライベートの女性関係や、素行の悪さなどを暴露しているもので、この内容の怪文書がきっかけとなり、2001年に宮司を辞任しているのです。

この辞任後は、再び父親が宮司の座に就くのですが、この辞任がきっかけとなり、どんどん歯車が狂い始めるのです。

追記:富岡茂永容疑者の顔画像が判明しました↓←NEW

【画像あり】富岡茂永(しげなが)の顔写真がこちら!事件の背景や経緯を時系列で解説!


スポンサーリンク

 

富岡茂永の女性問題とは?

週刊新潮が過去に以下のような記事を報じていました。

「節分歳の参拝者現象に歯止めをかけようと、フランス旅行があたる富籤を企画したこともあったけれど、本領発揮は専ら私生活のほうだね」

何しろ離婚歴が2回。最初の結婚は1男1女をもうけながら、フィリピンクラブに入り浸って奥さんに愛想尽かしされた。

2度目の結婚直後、しばらくは浮気の虫もおさまっていたが、やがて銀座や錦糸町のクラブ通いが復活。
ホステスの一人を愛人にした挙句、、3番目の奥さんにしてしまった。

2番目の奥さんは茂永氏に財産分与を求めると同時に、今の奥さんにも500万円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こしています」

出典:週刊新潮

これによれば、富岡茂永容疑者は離婚歴が2回あり、最初の結婚で1男1女の子供2人を授かり、結婚歴は3回もあるとのことです。

さらに、3番目の奥さんに関してはホステスの方のようで、愛人関係から奥さんへと発展していったのだそうです。

この素行の悪さが怪文書となて送りつけられた結果、富岡茂永容疑者は父親である富岡興永氏に退職させられたという流れなのです。

しかしながら、この際に富岡茂永容疑者は退職金として1億2千万円もの金額を受け取っており、毎月30万円の年金が支給されているほか、およそ数十万円不動産収入もあったのだといいます。

追記:富岡茂永容疑者の顔画像が判明しました↓←NEW

【画像あり】富岡茂永(しげなが)の顔写真がこちら!事件の背景や経緯を時系列で解説!

 

富岡八幡宮のトラブルは悪化していく

2006年、富岡茂永容疑者は、自分に怪文書を送りつけたのは姉の富岡長子さんなのでは?と疑心暗鬼になり、それがきっかけで恨みや妬みを書いたハガキを送っています。

これが前述した脅迫容疑で逮捕されたという真相です。

また、2011年には富岡八幡宮の前宮司は、この土地の借地権を長女である富岡長子さんとその妹の女性に相続させるというトラブルも発生しています。

さらに、富岡茂永容疑者の息子が、富岡八幡宮に勤めておりましたが、その当時宮司代理を勤めていた富岡長子さんが解雇し、これが不当解雇であるとして、裁判沙汰にもなっているのです。

追記:富岡茂永容疑者の顔画像が判明しました↓←NEW

【画像あり】富岡茂永(しげなが)の顔写真がこちら!事件の背景や経緯を時系列で解説!

 

富岡八幡宮殺人事件の真相

富岡茂永容疑者が富岡長子さんを殺害した原因は、怨恨であります。

父親から長く続く富岡八幡宮の伝統であり、自らトップの座につくものだと思っていたところを、女性問題などのトラブルによって剥奪されたという恨みからきているのです。

すなわち、この事件は富岡八幡宮の相続や宮司を巡る醜い争い、利権闘争によって起きた悲劇であるのです。

追記:富岡茂永容疑者の顔画像が判明しました↓←NEW

【画像あり】富岡茂永(しげなが)の顔写真がこちら!事件の背景や経緯を時系列で解説!

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

富岡長子(ながこ)にセクハラをした神主を特定か!ブログで顔画像と実名を公表している?

 

【画像あり】富岡茂永(しげなが)の顔写真がこちら!事件の背景や経緯を時系列で解説!

 

富岡 長子は天皇陛下を冒涜していた?賽銭で1億2千万円もの豪邸を建設!週刊実話が富岡一族の相続問題をスクープ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!