富岡八幡宮の犯人判明か!江東区の富岡八幡宮で殺人事件発生!犯人は神社の関係者で日本刀を所持し、2人が死亡!

この記事は2分で読めます

出典:JNN

スポンサーリンク

7日午後8時半ごろ、東京・江東区の富岡八幡宮の近くで「刃物を持った人がいる」と通報がありました。

発表によりますと12月7日午後8時半ころ、江東区富岡の富岡八幡宮で、通行人から「何者かが複数人を刃物で切りつけた」などと、警視庁に110番通報があったととのことで、通り魔の可能性も十分にあるとのことです。

東京・江東区で4人切りつけられ、3人重傷

朝日新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

7日午後8時35分ごろ、東京都江東区富岡1丁目の富岡八幡宮内で「人が倒れている」などと、通行人から110番通報があった。警視庁などによると、敷地内で男女4人が血を流すなどして倒れており、このうち30代の女性2人と、50代の男性1人の計3人が意識不明の重体、他に30代の男性1人が軽傷という。警視庁は刃物で切りつけられた疑いがあるとみている。

深川署によると、4人は宮司の女性、女性の専属の運転手の男性、八幡宮の関係者とみられる男女。現場にはサバイバルナイフや日本刀などが残されており、血が付着していたという。署は、4人の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。近くに住む男性(31)は「現場近くで男が低い声で『オー』と叫ぶ声を聞いた。若い男の声だった。まさかこんな事件になるとは」と話していた。

(ー中略ー)

出典:朝日新聞

 

殺人犯について

では、一体このおぞましい殺人事件は誰が行ったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、現場近くで男が低い声で『オー』と叫ぶ声を聞いたとのことで、なんらかのトラブルに巻き込まれた線で捜査が進められるとのことですが、おそらく若い男性による犯行とみて間違いないでしょう。

また、死亡した人物は2人とのことで、内輪のトラブルである可能性があるとして、警察が捜査を進めています。

富岡八幡宮は、江戸初期の創建で、将軍家の保護を受け、「深川の八幡さま」として信仰を集めてきた場所として有名で、東京の下町の象徴であるとしても有名です。

現時点では殺人未遂犯については有力な情報は得られておらず、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。


スポンサーリンク

Twitter上の反応

これに対するTwitter上の反応がこちらです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!