仙台育英野球部の飲酒したメンバーの名前や顔画像の特定情報!過去の不祥事もヤバすぎる!

この記事は3分で読めます

出典:KHB

スポンサーリンク

今年の夏の甲子園でベスト8に進んだ宮城県の仙台育英硬式野球部の部員らが、仙台市内の飲食店で飲酒や喫煙をしていたことが明らかとなり、世間に衝撃が走っています。

仙台育英野球部員が飲酒、喫煙 急性アル中救急搬送

日刊スポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

甲子園の常連校で、今夏の全国高校野球選手権大会で8強入りした仙台育英高(仙台市宮城野区)の硬式野球部員と引退した3年の計6人が11月、市内の飲食店で飲酒や喫煙をしていたことが6日、同校への取材で分かった。うち3年の1人が急性アルコール中毒の疑いで救急搬送された。

同校は既に宮城県高校野球連盟に報告しており、今後、生徒への聞き取りなどを進め、処分を検討する。6人の中には、夏の全国大会でベンチ入りした生徒も含まれているという。

同校によると、6人は2年と3年の各3人。11月27日午後7時ごろから約4時間、剣道部を引退した3年の2人と共に、仙台市青葉区の飲食店で飲酒、喫煙していた。8人全員が事実関係を認めている。

野球部員の一部は寮に住んでいるが、「家族と面談する」と申告し、外出許可を得ていた。

同校の真山晴夫副校長は「多くの生徒が頑張っている中、非常に残念だ。生徒の指導と管理を徹底したい」と話した。

仙台育英の硬式野球部はこれまでに夏の全国大会に26回、春の選抜大会に12回出場している。

出典:日刊スポーツ

 

仙台育英高等学校の不祥事の数々

仙台育英高等学校いえば、野球部をはじめ、ラグビー部やサッカー部など全国屈指のスポーツの強豪校として名を馳せている学校でもあります。

こと野球部に関しては、東北勢で初めて夏の全国高校野球を制することができるほどの実力があると、前評判が高いのも特徴で、2017年の夏の甲子園ではこちらも強豪校である大阪桐蔭を破りベスト8に進出した実績もあります。

このベスト8をかけた大阪桐蔭高校との試合で、仙台育英の選手が故意に大阪桐蔭高校の選手を蹴り飛ばすなどのラフプレーとも捉えられる事件も勃発し、批判が殺到しているのも事実です。

また、ここ数年で起こした問題では以下のような問題が挙げられます。

出典:NHK

●火事場泥棒

●根性焼き

●ラフプレー

●飲酒・喫煙

生徒に問題があることもそうですが、ここ数年でこれだけの不祥事が多発しているとなると、流石に教師やコーチなどの指導方針にも問題があるのでは?と疑わざるを得ません。

今後の処分については、詳細を聞き次第処分が決定されるとのことですが、おそらく対外試合が1〜3ヶ月禁止になったり、自宅謹慎になったりと、部の活動が停止させられたりと、短い期間で戦っている高校球児にとってはかなり痛い処分が下されることでしょう。


スポンサーリンク

 

飲酒・喫煙をしたメンバーは誰なのか?

では、一体飲酒や喫煙をしたメンバーは誰なのでしょうか?

報道機関の発表によれば、飲酒をしたのちに、1人は急性アルコール中毒で倒れているとのことで、お酒に不慣れな未成年が飲酒したことによる弊害とも言えるでしょうが、未成年であるために名前などの情報は公開されておりません。

飲酒や喫煙をした飲食店は宮城県仙台市青葉区ということですが、仙台市青葉区は東北の中でも一番と言っていいほどの繁華街であり、無数の飲食店が立ち並んでいることからも、そのお店を特定するにはいたっておりません。

また、飲酒や喫煙をしたメンバーの名前はこちらに記載されている可能性もありますので、どうしても知りたい方は下記のリンクを参照いただけると幸いです。

【2017年仙台育英高校野球部メンバー】

ちなみに、仙台育英高校は全校生徒が2800人もおり、その中でも野球部は119人もいる超マンモス校としても知られているほか、野球部ではOBに由規選手や、橋本到選手、平沢大河選手、佐藤世那選手、上林誠知選手など錚々たるメンバーを輩出していることでも知られています。

 

まとめ

お酒とタバコは二十歳になってからです。

これは、世間の常識であるとともに、日本の法律で定められていることでありますので法治国家である以上は、18歳諸君はおよそ2年あまり我慢しなければなりません。

野球部を引退しておそらく気が抜けていたことも考えられますし、他の生徒も飲酒をしていた可能性も否定できず、「みんなが飲んでいるから」という安易な理由のみで飲酒をしたのかもしれません。

ですが、”仙台育英”というブランドは、日本全国でも通用する名前でもありますし、その看板を背負っているということを自覚しなければなりません。

教師がこういったブランを背負っている自覚を持てということを認識させなかったのも、一つの大きな原因なのかもしれません。


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

この5年で3件目!!またも”慶応大学”で飲酒による「死亡事故」発生

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!