中川将志(まさし)が暁星国際高校でセクハラをした監督!顔画像判明でパワハラの動機も判明か?

この記事は2分で読めます

出典:高校野球ドットコム

スポンサーリンク

千葉県木更津市の暁星国際高校(私立)野球部の男性監督(28)が、共同生活する男子部員の布団に入るなどの行為を繰り返しているとして、「セクハラやパワハラにあたる」などと複数の部員から被害を訴えられていることが明らかとなりました。

複数部員がセクハラ・パワハラ被害申告

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

 千葉県木更津市の暁星国際高校(私立)野球部の男性監督(28)が、共同生活する男子部員の布団に入るなどの行為を繰り返しているとして、「セクハラやパワハラにあたる」などと複数の部員から被害を訴えられていることが3日、関係者の話で分かった。一部の保護者らは11月に県警木更津署へ相談しており、同署が事実関係を確認している。

部員らによると、被害を訴えているのは、同校で寮生活を送る部員数人。入浴時に監督が「体を洗う」と言って触ってきたり、午後11時の消灯後に部員を起こして布団に入ったりする行為が1年以上前から常態化していたという。

同監督は産経新聞の取材に対し、「部員とのコミュニケーションでじゃれたり、消灯後の寮の見回りで部屋を開けたりすることはあった」と認めた上で、パワハラやセクハラの認識は否定している。だが、「一部で誤解を招くような行為があった」と学校側に報告し、学校側は監督を口頭で注意したという。

(ー中略ー)

出典:産経ニュース

 

暁星国際高校野球部について

暁星国際高校野球部は、日本ハムなどで活躍した小笠原道大氏ら複数のプロ野球選手を輩出するなどしており、夏の甲子園の出場経験こそないものの、今年の千葉県予選ではベスト16に進出するなど、非常に成長が目覚ましい学校としても知られています。

学校は千葉県の木更津市に所在しており、中学・高校課程には、「特進・進学コース」、「ヨハネ研究の森コース」、「インターナショナルコース」、「アストラ・インターナショナルコース」の4コースが設置されているカトリック系の学校です。

同じ木更津には、野球部は全国でも屈指の木更津総合高校などがおり、千葉県の予選を勝ち上がることは非常に困難であるとも言われています。


スポンサーリンク

 

セクハラやパワハラをした監督は誰?

では、このセクハラやパワハラをした監督とは一体誰なのでしょうか?

産経ニュースの報道では、この監督は28歳で平成27年4月に就任しており、兵庫県の強豪校で全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)の出場経験がある人物であるとしています。

その人物に当てはまるのが、中川将志(なかがわ まさし)監督という人物です。

中川監督は、兵庫県の強豪校である報徳学園で2007年に行われた第89回夏の全国高校野球選手権に出場しており、その後は立教大学に進学しています。

そして、その顔写真かこちらです。

もともと、男性が好きだったのか、興味があったのか分かりませんが、このようなセクハラやパワハラが横行しているような現場では、勝てる試合も勝てなくなる恐れがありますので、一刻も早く体制の改善などをしていくことが重要になってくるでしょう。


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

暁星国際高校野球部でセクハラをした監督を特定!名前は中川将志で顔画像や経歴も判明!複数部員がセクハラ・パワハラ被害を申告

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!