体罰をした足利工大附属高バレー部コーチの特定情報!暴行教師の名前や顔写真画像も判明か?

この記事は3分で読めます

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

バレーボールの強豪校として知られる栃木県の足利工業大学附属高校で、男性コーチが部員に蹴るなどの暴行を加えケガをさせていたことが明らかとなり、波紋が広がっています。

足利工大附属高バレー部 コーチが部員暴行

日テレニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

バレーボールの強豪校として知られる栃木県の足利工業大学附属高校で、男性コーチが部員に蹴るなどの暴行を加えケガをさせていたことが分かった。

学校によると、今年6月、バレーボール部の66歳の男性コーチが、2年生の男子部員を正座させた上で胸などを複数回蹴り、ケガをさせたという。

コーチは、男子部員が部内恋愛禁止のルールを破り、女子マネジャーと交際を始めたことに腹を立て、暴行に及んだということで、「カッとなってやった」と説明しているという。

足利工業大学附属高校・松下繁一校長「大変ご迷惑をおかけしたということで謝罪を申し上げたいと思います。大変申し訳ございませんでした」

足利工業大学附属高校はバレーボールの強豪校として知られ、来年1月の全国大会「春高バレー」への出場も決まっている。

出典:日テレニュース

足利工業大学付属高校とは?

足利工業大学付属高校は、栃木県足利市福富町ある私立の付属高校であり、「普通科」「情報処理科」「建築科」「電気科」「自動車科」「機械科」を設置しいている工業系の総合高校としても知られています。

部活動も盛んで、特にバレーボール部は「春高バレー」として知られる全日本バレーボール高校選手権大会の常連校であり、過去37回も大会に出場しています。

10月の県大会でも3年連続優勝を果たし、来年1月の全国大会出場を決めていたことでも知られており、同大会では優勝経験もある言わずと知れたバレーボールの強豪校です。

OBにはプロレス団体ノアを立ち上げたことで知られている故三沢光晴さんや、お笑いトリオロバートのツッコミを担当する山本博さん、モノマネ四天王として知られており、息子が最近覚せい剤所持で逮捕された清水アキラさんなどがいます。

同校は全日制で男女共学でありますが、バレーボール部は男女交際を禁止しており、この体罰のきっかけは、男子部員が部内恋愛禁止のルールを破り、女子マネジャーと交際を始めたことに腹を立てたことが発端のようです。


スポンサーリンク

 

体罰をしたコーチは?

体罰をしたとされるコーチは66歳の男性で、今年3月に定年を迎えるまで足利工業大学付属高校の教諭として勤めていたのだそうです。

さらに、体罰という認識があったとのことで、男女交際禁止に「カッとなって」やってしまったと体罰の事実をを認めています。

体罰をしたコーチの詳細な名前や顔画像などは公開されておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第随時お伝えしていきます。

また、タレントとして知られる武井壮さんは自身のTwitterでスポーツ界に横行する”暴力”に対して、このようなつぶやきをしています。

これは、昨今話題となっている日馬富士関の暴行事件に関して自らの意志を呟いたものですが、これは全ての体罰や暴力に当てはまるものだと考えています。

 

未だなくならない暴力や体罰の数々

上の立場の人間はただ”先に生まれた”という理由のみで、先輩として扱われています。

自分よりも先に生まれた人物を敬うという風習自体も日本の悪しき伝統のようなものが感じられますし、古く凝り固まった考え方であるという認識も分からなくないですが、何かを教わるとい点では、先輩や先生に対して敬意を表するのは当然であるとされています。

しかしながら、上の立場にいる人間が暴力による恐怖政治のような支配の仕方や、体罰を加えることによる”教育”と考えているのは、非常にナンセンスであり脳みそが筋肉であると言われても仕方ありません。

人間には他の動物と違い、理性を持っており、自分の考えたこと言葉として発する事ができる唯一の動物です。

時に、言葉は最大の暴力となって振りかざされることもありますが、体罰や暴力による肉体的な痛みは精神的な痛みをはるかに凌駕するほどの、深い傷を負わせます。

未だ、スポーツ界にはこのような暴力や体罰による支配が横行しており、スポーツの強豪校になればなるほど、このような問題が出てくるのも事実です。

現に、足利工大附属では2008年4月から7月にかけ、男子バレーボール部員が下級生に対し『複数回に渡って数人を殴る』『寮の風呂場で熱湯をかけ、顔にやけどを負わせた』などの暴行を行ったとして、学校側より、2人が退学処分、2人が自宅謹慎処分となった事件が勃発している他、2010年4月には、野球部の3年生の部員4人が1年生1人に対し『練習中の態度が悪かったので注意した』として、暴行を加えた行為があったことから、野球部は、同年の春季高校野球県大会への出場を辞退するなどの、事件も起きています。

このように、暴力事件が過去に起こっているにも関わらず、学校側は何も対策を取らずにまた、同じような過ちを繰り返してしまっています。

これはまさに学習能力のない、低俗な人間の行動と言われても仕方ないのではないでしょうか?


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

【画像あり】体罰をしたコーチの名前や顔写真が判明!武蔵越生サッカー部での動画も掲載

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!