札幌市東区殺人未遂事件の12歳男子中学生を特定か?ネットには実名報道の規制はない!犯人を守る少年法の在り方についても

この記事は2分で読めます

出典:ANN

スポンサーリンク

札幌市の路上で女性が刃物で刺され重傷を負った殺人未遂事件で、北海道警は26日、事件への関与を認めたとして、札幌市に住む12歳の男子中学生を札幌市児童相談所に要保護児童として通告しました。

札幌の女性殺人未遂事件で12歳男子中学生を児相通告

サンケイスポーツ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

札幌市の路上で女性が刃物で刺され重傷を負った殺人未遂事件で、北海道警は26日、事件への関与を認めたとして、札幌市に住む12歳の男子中学生を札幌市児童相談所に要保護児童として通告した。道警によると「人を傷つけたかった」などと供述している。児童相談所は中学生を一時保護した。

道警によると、男子中学生は被害者の女性と面識はなかったという。

事件は25日午後5時55分ごろ、札幌市東区の路上で発生。徒歩で帰宅中の20代の女性会社員が背中を包丁で刺され、全治1~2カ月のけがを負った。

26日正午ごろ、商業施設にいた男子中学生と、現場周辺の防犯カメラに写っていた犯人の特徴が似ていたことから、捜査員が任意同行を求め、事情を聴いていた。当初は関与を否定していたが、その後認めたという。

道警は中学生の自宅を捜索し、事件に使われたとみられる包丁のケースを押収した。中学生は「包丁は1カ月ぐらい前に万引した」と供述しているという。

出典:サンケイスポーツ

 

犯人の男子中学生について

人を傷つけたかったと話しているこのおぞましい事件の犯人は12歳の男子中学生とのことで、現場から数百メートル離れた商業施設付近から女性の後をつけていたとみられることも明らかとなっています。

異常なまでに人を傷つけることに固執しており、犯行に使われた包丁も万引きなどをしていることから、自分の欲求を満たすためなら犯罪をも厭わないという心情が見え隠れしています。

あまりにも凄惨な事件でありますので、Twitter上などでは実名や顔写真の公開などをした方がいいのでは?との声も上がっておりますが、12歳という年齢は「触法少年」として扱われるため、そういった情報は公開されることはまずないでしょう。

しかしながら、男子生徒が通っていたとされる中学校の生徒や学校関係者には、警察や自動相談所側から連絡がいっているものと思われますので、口止めなどがされていることでしょう。


スポンサーリンク

 

少年法について

ここで、少年法についてご紹介します。

少年法は少年の保護事件、少年や一定の福祉犯罪を犯した成人の刑事事件に関する刑事訴訟法の特則を規定した日本の法律であり、主に未成年の犯罪者に対して適用されるものです。

この犯人である男子中学生は12歳ということで、刑事責任年齢に達していないため、刑罰は受けません。

つまり、このような恐ろしい事件を起こしても、保護観察処分というもので処理されるのです。

法務省は少年院送致の対象年齢は「おおむね12歳以上」としているため、少年院送致の可能性は十分に考えられますが、成人では一発で実刑判決が下るであろう重大な事件であるだけに、この少年法の在り方についても疑問視されているのも現状です。

さらに、少年法では以下のように報道規制がかけられています。

家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であることを推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない。

出典:少年法

これは、出版物や新聞等の報道機関が対象であり、インターネット上での実名掲載は規制対象外であることから、ネット上ではもしかすると、特定がされているのかもしれません。

いずれにしても、12歳という年齢の中学生による犯行なだけに、波紋が広がることは間違いないでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

 

浅野正美(千春M)は過去に逮捕歴が!自称モノマネタレントは肖像権の侵害に該当しない?顔画像や本当の職業も判明!


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!