斉藤真由美(さいとうまゆみ)の顔画像の情報がこちら!動機と出頭理由がヤバい!寝屋川市乳児コンクリバケツ詰め事件の容疑者女性を逮捕

この記事は2分で読めます

出典:NNN

スポンサーリンク

大阪府寝屋川市のマンションで20日、乳児4人の遺体が入ったとみられる段ボール箱が見つかった事件で、府警は21日、住人のアルバイト・斉藤真由美(さいとう まゆみ)容疑者を逮捕しました。

逮捕の女「バケツに入れてコンクリ流し込んだ」

読売新聞ほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

大阪府寝屋川市のマンションで20日、乳児4人の遺体が入ったとみられる段ボール箱が見つかった事件で、府警は21日、住人のアルバイト・斉藤真由美容疑者(53)を、うち1人に対する死体遺棄容疑で逮捕した。

斉藤容疑者は2年前、現在の部屋へ転居した際に4人の遺体を一緒に運び込んだといい、府警は死亡の経緯も詳しく調べる。斉藤容疑者は容疑を認め、「産んだ子を育てられず、バケツに入れてコンクリートを流し込んだ」と供述している。

 発表によると、斉藤容疑者は1992~97年に4人を出産。死亡後、遺体を埋葬せず、以前住んでいた同市内の自宅に放置し、2015年7月に転居後も押し入れに隠していた疑い。

 捜査関係者によると、押し入れの中の段ボール箱は四つあり、その中にコンクリート詰めにされたバケツが見つかった。

出典:読売新聞

 

斉藤真由美容疑者について

こちらが、逮捕された斎藤真由美容疑者のプロフィールです。

名前:斉藤真由美(さいとう まゆみ)

年齢:53歳

職業:アルバイト

在住:大阪府寝屋川市高柳7丁目

斎藤容疑者は、世間を震撼させている赤ちゃんをコンクリートに詰め20年以上も一緒に生活をしており、今になって出頭してきた大阪府寝屋川市に住むアルバイトの女性です。

1992年から19997年の間におよそ4人もの赤ちゃんの遺体をコンクリートに詰めたとされており、引っ越す際には捨てられないことから、遺体と共に引っ越していたことも明らかとなっています。

また、元交際相手との間に生まれた子供をコンクリート詰めにしており、もしも赤ちゃんが生きていれば、20〜25歳くらいになっていただけに、非常に悔やまれる残忍な事件として語り継がれることでしょう。


スポンサーリンク

 

顔画像や犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、警察の調べに対し斎藤容疑者は「4人の子供はいずれも1992~97年にかけ市内の別の場所で産んだ。産んですぐにバケツに入れた。金銭的に余裕がなく、育てられないと思った」と供述をしていることが明らかとなっています。

つまり、元交際相手の男性との間で、望まない妊娠をしてしまった結果、子育てをするのが困難となったためにバケツにコンクリートを流して固めて殺したということが濃厚でしょう。

また、顔画像についてですが、現時点では公開されておりませんのでこちらに関しては詳しい情報が入り次第随時お伝えしていきますが、交際相手が複数人いたことなどから考えると、若い頃は美人であった可能性も否定できません。

本来であるならばちゃんと子育てをし、立派に育て上げたかったつもりかもしれませんが、望まない妊娠であったために金銭的にも余裕がなくなってしまった可能性があり、非常に凄惨な事件を引き起こしてしまったのです。

追記:顔画像がこちらです。

 

犯行現場と犯人の女性について

では、犯行があったとされる大阪府寝屋川市のマンションはどこなのでしょうか?

犯行現場とは、大阪府寝屋川市高柳7丁目15にある林マンションの一室出るとされており、そのマンションの様子はこちらから確認することができます。

 

あなたにおすすめの記事

 

寝屋川市高柳で赤ちゃんコンクリート詰め事件発生!犯人の女性や事故現場を特定!「乳児を複数人産んで埋めた」と女性が申告


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!