鶴ひろみが死去!死因は急性心筋梗塞だった?ブルマやドキンちゃんの今後は?ネット上では”鶴ひとみ”と勘違いする人も

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんの声などで知られる声優の鶴ひろみさんが16日夜、首都高速上の車内で意識不明の状態で見つかり、死亡していたことが明らかとなりました。

アンパンマンのドキンちゃん 声優の鶴ひろみさん死亡

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

16日午後7時半ごろ、東京都中央区日本橋の首都高速都心環状線内回りで、「ハザードを付けて止まっている車がカメラに映っている」と運営会社から警視庁高速隊に通報があった。駆けつけた同隊員が、停止している乗用車の運転席で声優の鶴ひろみさん(57)がシートベルトを付けたまま意識不明の状態で座っているのを発見。病院に搬送されたが間もなく死亡が確認された。同隊は病死の可能性もあるとみて、詳しい経緯を調べている。

同隊によると、現場は2車線で鶴さんの車は中央寄りの車線で停止していた。ブレーキ痕はなく、鶴さんの車はゆっくりとしたスピードで進み、中央分離帯の縁石に右前部をこすりながら停止した可能性があるという。

鶴さんは人気テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんや、「ドラゴンボール」シリーズのブルマの声などを担当した。

出典:産経ニュース

 

鶴ひろみさんについて

こちらが、亡くなった鶴ひろみさんのプロフィールになります。

出典:青二プロダクション

名前:鶴ひろみ

生年月日:1960年3月29日

血液型:O型

身長:160cm

出身:北海道、神奈川県横浜市出身

職業:声優・女優・ナレーター

所属:青二プロダクション

鶴さんは小学校2年生の時にお姉さんと一緒に劇団ひまわりに入団しており、小学校3年生の時に「コメットさん」でドラマデビューを果たしています。

アンパンマンのドキンちゃん役やドラゴンボールのブルマ役など、声優のイメージが強いですが、元々は子役出身であり、高校3年生の時に世界名作劇場「ペリーヌ物語」のオーディションに合格したのをきっかけに、声優としてもデビューしたのです。

プライベートでは、1986年1月に声優の難波圭一さんと結婚しますが、その後離婚をされています。

1990年代以降、バラエティ番組や報道番組などにおけるナレーション業が増えており、亡くなる直前まではこちらを主体とした活動を行っていました。


スポンサーリンク

 

鶴ひろみの死因は?

では、一体鶴ひろみさんの死因は何だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、「目立った外傷はなく、病死の可能性がある」とのことで、その詳しい死因については、警察などが詳しく捜査を進めています。

ですが、事故の形跡は無いことからも、何らかの急病発生により死に至ったものと見られており、その病気は急性心筋梗塞や脳卒中、くも膜下出血といった、急性で起こりうるものでは?といった見解が強いのも現状です。

そういった急病の場合、意識が朦朧とするだけでなく、動悸が激しくなったり、めまいや吐き気などをもよおすことからも、気分が悪くなり、車を一旦停止させたのでしょう。

しかし、残念ながら死に至ってしまい、ネット上からは悲しむ声も多数寄せられているのです。

追記:運転中の大動脈剥離(だいどうみゃくはくり)により亡くなったと事務所が正式に発表しました。

 

ネット上の反応

こちらが、Twitter上に寄せられたユーザーさんからの声です。

亡くなった鶴ひろみさんには、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

あなたにおすすめの記事

滝沢ななえはレズだった!番組で同性愛だと告白し相手の女性も判明か?衝撃のアノ人に会ってみたで衝撃のカミングアウト


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!