黒染め強要をした教師を特定か?大阪府立懐風館高校(かいふうかん)の女子高生も判明?髪染め強要で不登校の生徒、クラス名簿から除外

この記事は3分で読めます

出典:

スポンサーリンク

生まれつき茶色い髪なのに学校から黒染めを強要され、不登校になったなどとして、大阪府立懐風館(かいふうかん)高校の女子生徒が損害賠償を求めている訴訟の問題で、学校側が今年度、生徒の名前をクラス名簿に掲載していなかったことを明らかにし、さらなる波紋が広がっています。

黒染め強要で不登校の生徒、クラス名簿から除外

読売新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

生まれつき茶色い髪なのに学校から黒染めを強要され、不登校になったなどとして、大阪府立高3年の女子生徒(18)が府に損害賠償を求めている訴訟に関連し、府教育庁は17日、学校側が今年度、生徒の名前をクラス名簿に掲載していなかったことを明らかにした。

同庁は「在籍している生徒を名簿に載せないのは許されることではない」と学校を指導した。

 府教育委員会会議で担当課長が説明した。同庁が今月、学校側に聞き取りをしたところ、出欠を確認する名簿や座席表に生徒の名前を載せていなかったことが判明。同庁の指導後、学校は名前の入った名簿と座席表を新たに作成した。

 委員からは「学校の指導体質に問題があったのではないか」との指摘があった。

 学校側は、読売新聞の取材に「生徒が登校していないことを、ほかの生徒から変に詮索されないよう配慮して載せなかった。登校すればすぐに元に戻すつもりだった」としている。

 訴状によると、生徒は2015年4月に入学。「髪の色は生まれつき」と説明したが、教員から「その髪では登校させられない」と髪を黒く染めるよう繰り返し指導を受け、16年9月から不登校になった。その後、名簿から名前が外されたとして、「学校から排除しようとしているとしか考えられない」と主張している。

出典:読売新聞

何と、今回は生徒の名前を名簿から削除し、茶髪の生徒のアイデンティティーや存在意義までも全てを否定する差別行為を行なっていたのです。

 

髪染め強要をした教師は?

では、一体この髪染めを強要した教師は誰なのでしょうか?

今回話題となっているのは、大阪府羽曳野市の府立懐風館高校という学校で、そこの教師によって茶髪から黒髪に戻すように強要されたとのことです。

生まれつき”茶髪というだけで、”学校側の対応がものすごいひどく、今年度の生徒名簿に女子生徒の名前を載せておらず、教室には席もないというのです。

その教師についてですが、府立高校ということで公務員ということもあり、顔画像や名前などの情報は公開されておらず、また特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

しかし、ネット上などでは、この髪染め強要が人権侵害に当たるのではないか?とのことで、相当な批判が寄せられているのも事実です。


スポンサーリンク

 

Twitter上の反応

こちらがTwitter上に寄せられたユーザーさんの反応の数々です。

 

あなたにおすすめの記事

 

髪染め強要をした懐風館高校の教師は特定されている?被害生徒の名前や顔画像も!大阪府の高校が地毛茶髪の女子生徒に黒染めを強要


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!