日馬富士の引退後はモンゴルで政治家に?出稼ぎの横綱が帰化しない理由も判明!貴乃岩に暴行で”引退勧告”は確実で、九州場所を休場

この記事は2分で読めます

出典:NHK

スポンサーリンク

大相撲の第70代横綱で、東横綱の日馬富士関が、10月の秋巡業中に平幕の貴ノ岩関を殴打して大けがを負わせたことが明らかとなり、角界始め多くの人々に衝撃を与えています。

日馬富士が暴行認め休場 ビール瓶で貴ノ岩を殴打か

日刊スポーツほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

大相撲の東横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が10月の秋巡業中に平幕貴ノ岩(27=貴乃花)を殴打して大けがを負わせたことが14日、分かった。会食の席でのトラブルだったという。

日馬富士関は同日午前、福岡県太宰府市の伊勢ケ浜部屋での朝稽古後「貴ノ岩のけがについて、貴乃花親方、貴乃花部屋、相撲協会、(伊勢ケ浜)部屋の親方に大変迷惑を掛けたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。九州場所3日目からの休場を届け出た。

日本相撲協会幹部は、九州場所を開催中の福岡国際センターで緊急会合を開いた。春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、八角理事長(元横綱北勝海)ら執行部が両力士の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と貴乃花親方(元横綱)から事情聴取。

協会関係者によると、日馬富士関は10月26日に開かれた会食の席で、感情のもつれから貴ノ岩関にビール瓶などで暴力を振るったとされる。貴ノ岩関は脳振とうや頭部裂傷などで一時入院し、今場所は初日から休場している。

出典:日刊スポーツ

 

日馬富士が引退へ?

現在開催されている大相撲九州場所を休場していますが、このような記事が出されるまで日馬富士関は九州場所に出場をしています。

この暴行が傷害事件として、逮捕・送検されれ、立件されるとなると、刑事事件としての処分が見込まれますが、そうなった場合は、角界を引退することが適切な処分ではないかと言われています。

横綱である日馬富士関は、番付が繰り下がるようなことは一切なく、”引退”を持ってして相撲界から退くことしかできませんが、それは自らの意志で行う必要があります。

横綱は横綱の品格というものが求められる日本においては非常に重要なポジションであり、元横綱の貴乃花関は「横綱とは力士番付における最高位ではありますが、ただ勝ち星が多ければよい、他の力士に比べて力や技に勝り、誰よりも強ければそれでよいという存在では決してありません。」と話しています。

つまり、こういった横綱の品格にそぐわない行動をしてしまっている日馬富士関には、”引退勧告”というものが、出されることになるのです。

2010年には元横綱の朝青龍関が一般人へ暴行をしたとして引退勧告がなされ、引退すなわち解雇をされましたが、こうなった場合は功労金などは一切支払われることはないのだそうです。


スポンサーリンク

 

日馬富士の引退後は?

そんな日馬富士関ですが、現在は横綱に昇進してから5年目であり、現状の横綱の中でも最も最高齢である33歳であります。

今回の事件が発覚してしまったために、おそらく相撲界を追放されることになるのでしょうが、この事件が発覚しなくても相撲界に残ることはできなかったのです。

なぜなら、角界に残るための条件として「日本国籍を有するもの」という決まりがあり、日馬富士関はモンゴル国籍のままでありますので、引退後は相撲界に残ることはできません。

もっとも、こういった非人道的な暴力行為を行った力士を日本相撲協会が在籍させておくはずもなく、追放は免れないことと思います。

そのため引退後は、モンゴルに戻る可能性があるのです。

ちなみに、日馬富士関は警察官や弁護士の資格を持っているとのことで、さらに現在休学中ですが、法政大学大学院政策創造研究学科にも在籍していることからも、モンゴルに戻ったら起業家や政治家になることも十分に考えられるでしょう。

さらに、結婚された奥さんもモンゴル人でありますので、家族揃ってモンゴルに帰ることが濃厚だと言われています。

何れにしても、角界を揺るがす大きな事件であるだけに、一層の波紋が広がりそうな一件です。

 

あなたにおすすめの記事

 

【画像あり】武蔵丸の現在の姿がヤバい!嫁や子供のジョーイ君の今についても!武蔵川親方は末期性腎不全で入院していた!


スポンサーリンク

 

error: You never click here!!