蛇塚元太(へびつかげんた)容疑者の顔画像を特定か?痴漢の動機やFacebookも判明?警視庁巡査長、電車内で女子高生の体を触った疑いで逮捕

この記事は2分で読めます

出典:シェアしたくなる法律相談

スポンサーリンク

電車内で女子高校生のスカートの中に手を入れて下半身を触ったとして、警視庁赤羽署は13日、強制わいせつ容疑で同庁公安総務課の巡査長蛇塚元太容疑者を現行犯逮捕しました。

警視庁巡査長、電車内で女子高生の体を触った疑いで逮捕

朝日新聞DIGITAL他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

電車内で女子高校生の体を触ったとして、警視庁は13日、同庁公安総務課の巡査長蛇塚元太容疑者(35)=さいたま市南区内谷2丁目=を強制わいせつ容疑で逮捕し、発表した。容疑をおおむね認めているという。逃げようとした際、駅員にけがをさせた疑いもあり、傷害や暴行容疑でも調べている。

人事1課によると、蛇塚容疑者は13日午前8時ごろ、JR埼京線の武蔵浦和―赤羽駅間を走行中の電車内で、隣に立っていた都内の女子高校生のスカートの中に手を入れて、下着の上から下半身を触るなどした疑いがある。

蛇塚容疑者は女子高校生に取り押さえられて赤羽駅でいっしょに下車。通報で駆けつけた赤羽署員らに駅事務室で事情を聴かれたが、この間に逃げようとして、20代の男性駅員の顔にけがをさせた疑いもあるという。

出典:朝日新聞DIGITAL

 

蛇塚元太容疑者について

こちらが、逮捕された蛇塚元太容疑者のプロフィールになります。

名前:蛇塚元太(へびつか げんた)

年齢:35歳

職業:巡査長

所属:警視庁公安総務課

在住:さいたま市南区内谷2丁目

蛇塚容疑者は、JR埼京線の武蔵浦和―赤羽駅間を走行中の電車内で、隣に立っていた都内の女子高校生のスカートの中に手を入れて、下着の上から下半身を触るなどした疑いで現行犯逮捕された、警視庁の巡査長を務める人物です。

巡査長というのは、厳密に言えば、巡査に属してますが、巡査よりは給与が高いほか、勤務成績が優良であり、かつ、実務経験が豊富な巡査のうち下記の要件のいずれかに該当する者が選考により巡査長に充てられるそうです。

ちなみにこちらが警察組織における階級制度になります。

1.警視総監

2.警視監

3.警視長

4.警視正

5.警視

6.警部

7.警部補

8.巡査部長

9.(巡査長)

10.巡査


スポンサーリンク

 

顔画像や犯行動機について

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

蛇塚容疑者は、痴漢の疑いで現行犯逮捕されていますが、その前に、痴漢をしたとされるJR赤羽駅の駅員室で逃走を図ろうとして、20代の職員に怪我をさせています。

このため、痴漢の事実は間違い無いのですが、おそらく女性の体に興味があったのでしょう。

そのために、このような卑劣な犯行をしたにも関わらず、逃げようとし、挙げ句の果てには怪我をさせてしまっているのです。

ちなみに、顔画像などは例によって公務員ですので、公開されておらず、また、特定するにも至りまでんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

 

あなたにおすすめの記事

 

杉山央(すぎやまひさし)弁護士はなぜ実名報道されないのか?結婚した家族を守るため?赤れんが法律事務所の男が札幌のタクシーで大暴れ


スポンサーリンク

 

error: You never click here!!