北九州で立てこもり事件の犯人が判明か!顔画像判や犯行動機がヤバい!北九州市八幡西区で男が室内犬に発砲、立てこもり

この記事は3分で読めます

出典:NHK

スポンサーリンク

8日午前6時10分ごろ、北九州市八幡西区穴生(あのお)4丁目のマンションで、60代の女性が「夫が飼い犬を猟銃で撃った」と別の階の住人に伝え、住人が110番通報し、あたりが騒然となっています。

男が室内犬に発砲、立てこもり 人質なし

日刊スポーツ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

8日午前6時10分ごろ、北九州市八幡西区穴生4丁目のマンション7階の部屋で、住人の60代の男が猟銃で室内犬を撃ったと110番があった。福岡県警によると、男は立てこもったが、同居する男の妻は逃げ出し、人質やけが人はいない。発砲は2発だったとみられる。

発砲後に、妻がマンションの別の階に住む女性宅に逃げ込んで発覚。この女性が110番したという。

立てこもった男は会社員とみられ、猟銃を扱う免許を取得。妻は「夫は仕事で悩んでいた」と話しているという。元自衛官との情報もあり、県警が確認している。

現場のマンションは9階建てで、JR陣原駅の南約500メートルの住宅街にある。県警は、半径約150メートルの住民を近くの市立穴生小の体育館などに避難させている。

同小は、全児童約380人の無事を確認し、通常どおり授業している。金子二康校長は「子どもを安心して帰せるよう、早く解決してほしい」と話した。(共同)

出典:日刊スポーツ

 

Twitter上の反応

これに対し、Twitterでは様々な意見が飛び交っていますので、そちらをご紹介します。


スポンサーリンク

犯人や動機について

では、一体犯人の男性はどのような人物なのでしょうか?

立てこもった男性は60代で会社員とみられ、猟銃を扱う免許を取得している元自衛官の男性のようです。

しかし、ここまでの情報は報道機関の発表により、明らかとなっていますが、そのほかの詳しい情報に関しては分かっておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

また、現場近くには小学校などの教育期間も存在しており、あたりには緊張が走っているとのことです。

さらに、犯行動機についてですが、妻は「夫は仕事で悩んでいた」と話しているようですが、自衛官であるならば60歳で定年を迎えるはずでありますので、定年後にほかの別の職業に就いた際に、今まで40年近く自衛艦として勤め上げてきたために、ほかの業種と馬が合わずに悩んでいたために、犯行に及んだ可能性が十分に考えられます。

いずれにしても、一刻も早い犯人逮捕が望まれる事件です。

 

あなたにおすすめの記事

 

メリス・カルロ容疑者の顔画像判明か?妻や家族、犯行動機についても!イタリアではなく韓国国籍で嫁は何してる?名古屋市中村区のマンション立てこもり事件の犯人を逮捕!


スポンサーリンク

 

error: You never click here!!