大坪覚(さとる)のwiki風プロフ!年収や家族についても!大学博物館に年間100回も通う男の正体とは?

この記事は2分で読めます

出典:T-SITE

スポンサーリンク

2017年11月7日放送のTBS系列のバラエティ番組「マツコの知らない世界」で、年に100回、大学博物館に通う男・大坪覚(おおつぼ さとる)さんが特集されるとして、話題となっています。

大坪覚について

こちらが、大坪覚さんのプロフィールになります。

「大坪 覚」の画像検索結果

出典:T-SITE

名前:大坪覚(おおつぼ さとる)

生年月日:1967年生まれ

年齢:49歳or50歳

出身:富山県

学歴:龍谷大学文学部 文化学院創造表現科

職業:フリーライター、文化学院大学文芸コース・創作実習講師

大坪さんは富山県出身のフリーライターであり、龍谷大学を卒業後は、情報誌などで映画情報などのレビューを書いている人物です。

2009年より文化学院大学文芸コースにおいて創作学習の講師に赴任するなど、活躍の幅を広げており、年間100回という驚異的な頻度で「大学博物館」へと足を運ぶことでも知られています。

 

大学博物館とは?

「大学博物館」の画像検索結果

出典:南山大学

では、一体大学博物館とは何なのでしょうか?

大学博物館とは、大学や短期大学が設置している博物館のことであり、その大学の研究成果やその大学の歴史などについても学べるなどの特徴を持った専門的な博物館でもあります。

ほとんどの場合、入場料は無料であるところが多く、在校生や卒業生などの学校関係者以外でも気軽に立ち入ることができるのも特徴であり、その大学ごとに違った雰囲気を楽しめるのも一つの魅力でもあります。

また、入場料が無料であるにも関わらず非常に高度で専門的な知識を得られ、さらに独特の展示物を展示しているということもあり、小学生の自由研究や、デートスポットとしても活用されることがあるのだそうです。

出典:ことるぽ!

「マツコの知らない世界」では、拷問器具を多く展示している明治大学の博物館や、マンガミュージアムなどがある京都大学総合博物館、全国の大学で唯一「醸造」の名を持つ専門教育機関であり、醸造科卒業して全国で酒造りをしている蔵元の一部をご紹介し、酒瓶280本を常設展示している東京農業大学の博物館などを紹介するのだそうです。

出典:Paddle For Life


スポンサーリンク

 

大坪覚の年収や家族について

大坪さんは、その博学をや知見を生かして、大学博物館や学食に関する様々な著書を執筆していることでも知られており、大学講師やフリーライターの他にも収入源はあるものだと思われます。

大学講師の平均年収は700万前後と言われており、これにメディア出演や著書の印税などを加味すれば、年収はおよそ1000万前後になるのではないか?とも言われています。

また、家族についてですが、結婚しているといった情報やお子さんがいるとの情報は入ってきておらず、こちらに関しては詳しい情報はわかっておりません。

もしも、大坪さんについて詳しく知りたいと思った方は、大坪さんの著書や「マツコの知らない世界」のO.A.を見てみるといいのかもしれません。

 

あなたにおすすめの記事

 

小島あやめの現在は明治大学在学中!ダンス動画がキレキレでスゴい!レモンガスのCMでお馴染みのラップ娘がグラビア披露か?


スポンサーリンク

 

error: You never click here!!