筧千佐子被告の娘や子供の現在がヤバい!wiki風プロフや生い立ちについても!筧千佐子被告に死刑判決!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

平成19年から25年にかけて、京都、大阪、兵庫で、夫や内縁関係などにあった4人の高齢の男性に青酸化合物を飲ませ、このうち3人を殺害した罪などに問われた筧千佐子被告に対し、京都地方裁判所は「いずれの事件も被告の犯行で刑事責任能力があった」として検察の求刑どおり死刑を言い渡しました。

 筧千佐子について

こちらが、死刑判決が確定した筧千佐子被告のプロフィールになります。

名前:筧千佐子(かけひ ちさこ)

生年月日:1946年11月28日

年齢:70歳(※2017年11月現在)

血液型:A型

身長:154cm

体重:50kg

家族構成:夫、子供2人

最終学歴:福岡県立東筑高校卒業

筧千佐子被告は福岡県や九州内でも屈指の進学校として知られている、東筑高校出身の女性で、東筑高校は毎年京都大学や東京大学への進学者がいるなどの超名門高校としても知られています。


スポンサーリンク

 

筧千佐子の生い立ちについて

高校卒業後は、国立大学への進学などを勧められていましたが、両親の反対にあったために、銀行に就職することになったのです。

北九州市内の都市銀行に就職したのち、1969年に印刷業を営む旦那さんと知り合って結婚をしており、その間に子供を2人授かりましたが、筧千佐子被告と結婚をしたあたりから、印刷業の経営は傾いていったのだと言います。

そんな最中、旦那さんは死去してしまい、経営を引き継いでいた筧千佐子被告ですが、傾き始めた印刷業の資金繰りに苦労をしており、2001年に倒産を迎えてしまっています。

印刷業の多額の負債によって担保として出していた自宅は競売にかけられることになり、多くの借金を背負ったままその後を生活することになったのです。

そして、多額の借金を負ってしまったために、10数箇所の結婚相談所に登録して資産家や高齢者などの”お金”を支払ってくれそうなちょうどいい結婚相手を探していたのです。

「高齢者」「資産家」「病気可」「一人暮らし」などの条件を出していたといい、その手の男性と付き合ってはお金を巻き上げ、資産を10億円にも増やしていったのだそうです。

 

筧千佐子の子供について

筧千佐子被告は1回目の結婚の際に夫との間に息子さんと娘さんの2人の子供を授かっています。

大阪府堺市にある、高級マンションを実の娘の名義で購入しており、筧容疑者が別宅として使用をしていたとしても有名です。

筧千佐子被告は後妻業として知られており、そのテクニックは半端ではなかったとされていることから、その夜の営みなどを行う別宅が欲しかったのでしょう。

娘さんや息子さんは現在、筧被告とは縁を切っており、絶縁状態なために、連絡を取ることは愚か、どこで何をしているかなどの詳細な情報を手に入れることは出来ません。

筧被告が現在70歳ということは、子供年齢は40歳前後と思われていますし、ある意味ではこの事件の被害者と言っても過言ではないでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

 

筧千佐子の生い立ちがヤバすぎる!複数人を落とした衝撃の恋愛テクニックがこちら!筧千佐子被告に死刑判決


スポンサーリンク

 

error: You never click here!!