髪染め強要をした懐風館高校の教師は特定されている?被害生徒の名前や顔画像も!大阪府の高校が地毛茶髪の女子生徒に黒染めを強要

この記事は2分で読めます

出典:テレ朝ニュース

スポンサーリンク

大阪府立高校の女子生徒が生まれつき茶色い髪を黒く染めるよう教師らに強要されて不登校になったとして、府に賠償を求める訴えを起こしました。

地毛茶髪の女子生徒に「黒髪強要」 賠償求め提訴

テレ朝ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

訴状などによりますと、大阪府羽曳野市の府立懐風館高校3年の女子生徒(18)は、生まれつき髪の色素が薄く茶色く見えるため、母親が配慮を求めてきました。しかし、生徒指導の教師らは髪を黒くするよう繰り返し強要。女子生徒は市販の髪染めが肌に合わず、痛みなどを感じながら何度も髪を染めましたが、教師らから「不十分」と言われ続けたうえ、授業の出席も禁じられ、去年9月から不登校を余儀なくされたということです。女子生徒は府に約220万円の賠償を求めて提訴。第1回口頭弁論で府側は請求の棄却を求め、争う姿勢を示しました。大阪府教育庁は「原告の主張は一部、事実と違うところもあるので訴訟のなかで説明していく」としています。

出典:テレ朝ニュース

 

地毛登録制度もある

複数の大阪府立高校では、頭髪が生まれつき茶色い生徒に誤った指導をしないように、「地毛登録」という謎の制度を設けているのだそうです。

大阪府の教育委員会によれば、「導入は各高校に任せている」とのことで、強制では無いものの、そのぜひが問われるとのことですが、そもそもこの制度自体を問題視する声も寄せられているのです。

そして今回問題となっているのは、 大阪府羽曳野市大黒にある大阪府立懐風館高校という学校で、この学校では「地毛登録制度」は導入されてなかったといい、この人権侵害にあった女生徒の母親は「地毛登録制度があるなら申請したい」と訴えていたのだそうです。

続報です↓

黒染め強要をした教師を特定か?大阪府立懐風館高校(かいふうかん)の女子高生も判明?髪染め強要で不登校の生徒、クラス名簿から除外


スポンサーリンク

髪染め強要をした教師は?

では、一体この髪染めを強要した教師は誰なのでしょうか?

今回話題となっているのは、大阪府羽曳野市の府立懐風館高校という学校で、そこの教師によって茶髪から黒髪に戻すように強要されたとのことです。

生まれつき”茶髪というだけで、”学校側の対応がものすごいひどく、今年度の生徒名簿に女子生徒の名前を載せておらず、教室には席もないというのです。

その教師についてですが、府立高校ということで公務員ということもあり、顔画像や名前などの情報は公開されておらず、また特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては、詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます。

しかし、ネット上などでは、この髪染め強要が人権侵害に当たるのではないか?とのことで、相当な批判が寄せられているのも事実です。

いずれにしても、非常に胸糞悪い一件なだけに、世間の注目が集まることになるでしょう。

続報です↓

黒染め強要をした教師を特定か?大阪府立懐風館高校(かいふうかん)の女子高生も判明?髪染め強要で不登校の生徒、クラス名簿から除外

 

あなたにおすすめの記事

 

黒染め強要をした教師を特定か?大阪府立懐風館高校(かいふうかん)の女子高生も判明?髪染め強要で不登校の生徒、クラス名簿から除外

 

懐風館高校で黒染めを強要した教師を特定か?女子生徒の顔画像や名前が誰についても!大阪府で「髪染め強要で不登校」と人権侵害


スポンサーリンク

 

error: You never click here!!