篠沢教授が死去!篠沢秀夫の死因はALSという病気!wiki風プロフや難病による激やせ画像も!クイズダービーの名物回答者が死去

この記事は2分で読めます

出典:テレ朝ニュース


スポンサーリンク

テレビ番組「クイズダービー」の名物回答者として知られる学習院大学名誉教授の篠沢秀夫さんが26日未明、亡くなりました。

“篠沢教授”(84)が死去

テレ朝ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

テレビ番組「クイズダービー」の名物回答者として知られる学習院大学名誉教授の篠沢秀夫さんが26日未明、亡くなりました。84歳でした。

篠沢さんは東京都出身で、フランス文学の研究者として明治大学や学習院大学で教授を務めました。また、大橋巨泉さんが司会を務めた人気番組「クイズダービー」に女優の竹下景子さんらとともに出演し、名物回答者として知られていました。晩年は難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し、都内の自宅で闘病しながら執筆、講演活動を続けていました。

出典:テレ朝ニュース

 

篠沢秀夫について

こちらが、篠沢秀夫さんのプロフィールになります。

出典:TBS

名前:篠沢秀夫(しのざわ ひでお)

ニックネーム:篠沢教授

生年月日:1933年6月6日

年齢:84歳(享年)

出身:東京都大田区

職業:大学教授→執筆業

出演テレビ:クイズダービー

篠沢教授は大橋巨泉さんがMCを勤める人気クイズ番組「クイズダービー」に出演しており、「篠沢教授」という愛称で親しまれた人物です。

2009年2月からは、難病である筋萎縮性側索硬化症、通称ALSと診断されており、2009年4月に気管を切開して、人工呼吸器を装着しての生活を余儀無くされていました。

それ以降は、難病と闘いながらも精力的に執筆活動や講演活動を続けていましたが、2017年8月26日に、享年84歳で亡くなりました。


スポンサーリンク

死因のALSとは?激やせ画像も

篠沢教授は、ALSという病魔に犯されていましたが、一体どのような病気なのでしょうか?

ALSとは運動神経(大脳からの運動の命令を筋肉まで伝える神経)が選択的に障害され、運動神経以外(感覚神経や自律神経、脳の高度な機能)はほとんど障害されない進行性の神経変性疾患のことです。

症状としては、筋肉がやせ細り、さらには片側の手の先に力が入らなくなるとのことのようです。

また、この病魔に犯されていたために、その闘病生活は激しさを極めており、難病と闘うその姿も映し出されています。

出典:テレ朝ニュース

クイズダービー当時はふっくらした印象出会った篠沢さんですが、ご覧の通り、激やせしているのがお分りいただけたかと思います。

亡くなった篠沢秀夫さんには、心よりご冥福をお祈りいたします。

 

あなたにおすすめの記事

 

遠藤賢司の死因は胃がんではなくすい臓がん!20世紀少年のモデルのエンケンが闘病中に容体が急変し、死去 享年70歳


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!