遠藤賢司の死因は胃がんではなくすい臓がん!20世紀少年のモデルのエンケンが闘病中に容体が急変し、死去 享年70歳

この記事は2分で読めます

出典:exciteブログ

スポンサーリンク

「カレーライス」などのヒット曲で知られ、昨年6月にがんと闘病していることを公表したシンガー・ソングライター、遠藤賢司さんが亡くなっていたことが明らかとなりました。

“エンケン”遠藤賢司さん死去、70歳 入院の翌24日に容態急変

サンケイスポーツ他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

「カレーライス」などのヒット曲で知られ、昨年6月にがんと闘病していることを公表したシンガー・ソングライター、遠藤賢司さんが25日早朝、東京都内の病院で死去した。70歳だった。同日、遠藤さんの公式サイトで発表された。

同サイトによると、遠藤さんは「一昨年より胃がんを患いましたが、闘病を続けながら音楽活動を続けてまいりました。新曲のレコーディングに向け体調を整えていました」と復帰に向けて活動していたというが、「10月23日に入院となり、24日に容態が急変し、25日早朝、都内の病院で亡くなりました。享年70才でした」と訃報を伝えた。

出典:サンケイスポーツ

 

遠藤賢司について

こちらが遠藤賢司さんのプロフィールになります。

 

出典:rooftop

名前:遠藤賢司(えんどう けんじ)

生年月日:1947年1月13日

年齢:70歳(享年)

出身地:茨城県

血液型:AB型

学歴:茨城県立太田第一高等学校

所属:フリー

遠藤賢司さんは、日本のフォークシーンを代表するシンガーソングライターの1人で、「カレーライス」や「不滅の男」などの代表曲があることでも知られています。

アイドル黄金期で、フォークブームが下火になっていた1980年代以降にも、孤高のミュージシャンとしてフォーク界に君臨していたましたが、1988年には親交のあったミュージシャンたちと共に、「遠藤賢司バンド」を結成しました。

ちなみに、「20世紀少年」や「MONSTER」などのヒット作でお馴染みの漫画家・浦沢直樹さんが遠藤賢司さんの大ファンということもあり、「20世紀少年」の主人公「遠藤 健児」のモデルともなったとされています。


スポンサーリンク

遠藤賢司の死因は?

では、一体遠藤賢司さんの死因は何だったのでしょうか?

2016年6月には、遠藤賢司さんは自身のブログやFacebookにがんであることを公表していました。

この時の告白では、胃がんであることを告白していたそうなのですが、そこから転移した模様で、今回の直接的な死因はすい臓がんであるとのことです。

がんと闘いながらも、音楽活動やテレビ出演などを精力的にこなしていましたが、2017年10月に予定されていたソロライブを中止し、2017年10月23日には東京都内の病院に緊急入院したのだそうです。

そして、2017年10月24日に遠藤さんの容体が急変し、翌日の25日の早朝に亡くなってしまったのです。

享年は70歳でありました。

亡くなった遠藤さんには、心よりご冥福をお祈りいたします。

 

あなたにおすすめの記事

 

甲本ヒロトの事故原因は覚せい剤だった?障害や宗教の噂とは?事故現場の現在は?入院している病院や復帰についても


スポンサーリンク

 

error: You never click here!!