休講理由はアカハラによる飛び降り自殺が原因か?山形大学人文社会科学部で事故発生!【小白川キャンパス】

この記事は2分で読めます

出典: Wikipedia

スポンサーリンク

山形市小白川町一丁目にある山形大学小白川キャンパス内で、何らかの事故や事件があったとして、現場の人文社会科学部が立ち入り禁止になるなど、あたりが騒然としています。

山形大学で人文社会科学部が休講に

Twitter上に寄せられたとあるツイートに注目が集まっています。

このツイートによれば、国立山形大学の小白川キャンパスにある人文社会科学部棟内で何らかの事件や事故が発生しており、その影響により人文学部の学生の身は休講となる自体になったというのです。

では、一体何が起こったのでしょうか?

 

Twitter上の反応

この休講のニュースを受けて、Twitter上には様々な意見が寄せられていますので、そちらをご紹介します。


スポンサーリンク

休講の真意は?

では、一体人文社会科学部のみが休講となった理由は何なのでしょうか?

現時点で、詳しい情報は分かっておりませんが、ネット上の情報によれば人文社会科学部にてアカデミックハラスメントがあったとされており、それに嫌気がさして飛び降り自殺をしたとの見解が強いようです。

管轄の警察や大学側が調査を進めているとのことですが、自らの命を授業が行われている真っ只中に絶つという行為は、よっぽど思いつめていた可能性もあり、相当ひどいアカハラを受けていた可能性も十分に考えられるでしょう。

また、まだ飛び降り自殺があったと確定的な証拠が出ているわけではありませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。

いずれにしても、単位がかかっている授業などが休講になったということもあり、一刻も早い情報開示を求める声が多くあがっているのも事実のようです。

 

あなたにおすすめの記事

 

福井中2自殺の衝撃の真相!山内こずえの実家は蕎麦屋で町長と癒着していた!福井県池田町に広がる闇とは?


スポンサーリンク

 

error: You never click here!!