【火事・火災】埼玉県上尾市の連続放火犯を特定か?犯人は野次馬の中にいた?不審火4件相次ぎ、住民らが不安の声

この記事は2分で読めます

出典:日テレニュース

スポンサーリンク

19日未明、埼玉県上尾市で、住宅や工場の廃材などが燃える不審火が4件相次ぎました。

埼玉・上尾で不審火4件相次ぐ 連続放火か

日テレニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

19日未明、埼玉県上尾市で、住宅や工場の廃材などが燃える不審火が4件相次いだ。警察は連続放火の可能性もあるとみて調べている。

警察などによると、19日午前2時ごろ、上尾市井戸木の木造2階建て住宅が全焼する火事があった。火は約3時間後にほぼ消し止められたが、この家に住む50代の女性が軽傷。

動画を撮影した人「窓を開けたらすごく燃えてて、慌てて荷物をまとめました」

この約2時間前にも、500メートルほど離れたプラスチック加工工場で、置いてあった廃材などが燃えたという。さらに別の住宅でも自転車が燃えるなど、約3時間の間に不審火があわせて4件起きているということで、警察は、連続放火の可能性もあるとみて調べている。

出典:日テレニュース

 

火災現場は?

では、火災があったとされる現場はどこなのでしょうか?

最初に発覚されたのは、上尾市中妻の「市立大石中学校」の北側校舎2階の廊下に掲示されていた教材用のポスターが燃えた不審火であり、警備会社から消防に通報があったことから火災が発覚しました。

この火災が起きたのは午前4時という未明の時間帯であり、校内に職員や生徒はいなかったこともあり、完全に放火の可能性があるとのことなのです。

この、火事に対するTwitter上の反応がこちらになります。

このように、埼玉県上尾市では、連続不審火に対する警戒心が強くなっており、近隣住民の方々が注意を呼びかけるツイートをしているのも伺えます。


スポンサーリンク

連続不審火は放火か?

この連続不審火は放火であるとの見方が強く、その犯人の行方に注目が集まっています。

放火犯の特徴として主に挙げられるのが、愉快犯ということです。

この放火により、懸命に消化活動をする消防の方や、不安に駆られる近隣住民の方々の反応をみて楽しむというのが愉快犯であり、放火犯の特徴です。

そのため多くの場合は、火災現場に野次馬として参加しているケースが多く、場合によってはマスコミのインタビューに応えるなどしている可能性も十分に考えられるのです。

しかし、現在のところその犯人はわかっておりませんので、警察と消防は放火に焦点を当て、捜査を進めていく方針です。

こちらの犯人に関して詳しい情報が入り次第、追記いたしたいと思います。

 

あなたにおすすめの記事

 

【現場画像あり】カテリーナ三田の火事は放火が原因だった?出火原因や火災の真相も!東京・港区の高層マンションで火事が発生


スポンサーリンク

 

error: You never click here!!