福井中2自殺の衝撃の真相!山内こずえの実家は蕎麦屋で町長と癒着していた!福井県池田町に広がる闇とは?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

福井県池田町の町立池田中学校で今年3月、2年の男子生徒(当時14歳)が飛び降り自殺した問題で、担任及び副担任の教師の名前や問題行動が次々と発覚しており、様々な批判が殺到しています。

今回はこの事件の経緯や真相をまとめて見ようと思います。

生徒転落死 担任らの厳しい指導で自殺選択

日テレニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

今年3月、福井県池田町の中学校で男子生徒が校舎から転落死した問題で、調査委員会は担任からの厳しい指導によるストレスで自殺を選択したと結論付けた。

この問題は今年3月、福井県池田町の池田中学校で当時2年生の男子生徒が校舎の3階から転落して死亡したもので、町の教育委員会が第三者による調査委員会を設置して学校側の対応に問題がなかったか調べていた。

調査委員会は、課題の提出や生徒会活動をめぐって担任と副担任がこの生徒を大声で怒鳴るなどの厳しい指導や叱責を繰り返し、精神的なストレスが高まって自殺を選択したと結論づけた。

また、この生徒について「発達障害の可能性がある」と指摘していて、町の教育委員会は「生徒の特性にあった指導方法をとるべきだった。再発防止と子育て環境の向上に努めてまいります」とコメントしている。

出典:日テレニュース

生徒は生徒会の副会長を務めていたが、昨年10月、参画していたマラソン大会の運営で担任から校門前で準備の遅れを怒鳴られ、目撃した生徒は「身震いするくらい怒鳴られていた」と証言したといいます。

つまり、この副担任や担任の教諭は、生徒が発達障害であることをいいことに、”いじめ”のような厳しい指導を繰り返していたのだそうです。

 

事件の経緯まとめ

こちらが、事件の経緯を事細かにまとめたものになります。

●通常の教職員は県採用だが、池田町は、町長(杉本博文)の肝いりで、町独自で副担任を採用して配置している。

●町長は、副担任のおかげで学力テストで池田町が全国トップクラスになったと自慢していた。

●町長は現在6期目。初当選時も含めて6回とも無投票。

●副担任は40年続く老舗蕎麦屋の山内家で、山内副担任父が町長と懇意

●最終バスにわざと間に合わせないなど生徒が小学校の頃からいじめていた副担任山内こずえ

●生徒会のこの生徒だけを叱る谷口。連帯責任の教育無視

●生徒会の担当もやってる谷口が、同生徒会の自生徒に全校生徒分の歌詞カード52枚を手書きで書けと命令

●わざと宿題をできないように嫌がらせし、怒鳴りつける。(身震いするほどのも)

●副担任に責められた生徒は過呼吸の症状を訴えたが、担任は家庭に連絡しなかった

●医師の診断書も取らずに自分達に都合よく勝手に障害者認定 (発達障害)

●自殺の翌日に校長が遺族と会った際、持参した生徒のかばんに遺書らしきノートをたたきつける

●家庭に問題があるかのような態度だったと遺族が調査委に話していた


スポンサーリンク

池田町に広がる闇

この問題で切っても切り離せないのが、福井県池田町の深き闇の問題です。

山内こずえ教諭の実家は池田町で40年続く蕎麦屋であり、名家としても知られている由緒正しい家庭なのだそうです。

古くから、こういったしがらみや町内での人付き合いを大切にしてきているために、池田町は町長の肝入りで副担任を採用することができるのだそうです。

また、この山内教諭の実家である蕎麦屋つまり山内教諭の父親に当たる人物と、町長はズブズブの関係にあったといい、癒着までいかないにしても、娘を副担任にさせることくらいお安い御用であったのでしょう。

そういった昔からこの土地に深く根付いているしがらみや問題などが相まって、山内家が被害者家族を昔から家族ぐるみで馬鹿にしてたのでは?との見解もなされているのです。

いずれにしても、1人の尊い命を奪ってしまった痛ましい事件が、池田町という集落の闇に葬り去られるのだけは、何としても防がなければなりません。

 

あなたにおすすめの記事

 

副担任の山内こずえは在日朝鮮人だった?福井中2自殺の驚くべき事実と自殺の真相について迫る

 

副担任の山内こずえがいじめたのは生徒の”発達障害”が原因!谷口賢次(担任)の顔画像や福井中2自殺の真相を徹底解明

 

福井中2自殺の担任の名前は谷口賢次と判明!副担任は山内こずえで顔画像やFacebookも特定!


スポンサーリンク
error: You never click here!!