副担任の山内こずえは在日朝鮮人だった?福井中2自殺の驚くべき事実と自殺の真相について迫る

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

福井県池田町の町立池田中学校で今年3月、2年の男子生徒(当時14歳)が飛び降り自殺した問題で、担任及び副担任の教師の名前や問題行動が次々と発覚しており、様々な批判が殺到しています。

教師の指導がストレスで生徒が自殺

今年3月、福井県池田町の中学校で男子生徒が校舎から転落死した問題で、調査委員会は担任からの厳しい指導によるストレスで自殺を選択したと結論付けました。

これに関して詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

副担任の山内こずえがいじめたのは生徒の”発達障害”が原因!谷口賢次(担任)の顔画像や福井中2自殺の真相を徹底解明

この事件で取りざたされているのは、もっぱら担任である谷口賢次教諭と、副担任である山内こずえ教諭の2人の処遇であります。

ネット上ではこの2人は紛れもなく、池田中学校で生徒を自殺に追い込んだ張本人とされている他、担任が男子生徒を叱責するのを目撃した生徒らが「(聞いていて)身震いするくらい怒鳴っていたと証言するほどその指導方法を疑問視する声が多数上がっているのです。

 

いじめた担任や副担任とは?

では、一体厳しい指導と称して”いじめ”のような指導を繰り返していた人物は誰なのでしょうか?

その人物は、副担任の山内こずえ教諭と担任の谷口賢次教諭の2人だと言います。

問題の女性副担任は昨年の4月に池田中学校に異動となり、2年生を受けもつこととなったそうで、生徒が小学校6年生の時に、同じ小学校の家庭科の講師をしていたそうです。

自殺した生徒は、ミシン掛けの授業で居残りをさせられており、帰りのバスの時間が間に合わなかったために「副担任は嫌だ」家族に漏らしていたのだそうです。

そして、問題2人の顔画像がこちらになります。

 

ネット上では、発達障害の子供にいじめを繰り返し、死に至らしめたとして殺人罪に問うべきだなど厳しい意見が見られる一方で、「発達障害児専門医のいる医療機関も少ないのに 障害支援学校(学級)も専門的な知識を持っている先生のいる所はまだないと思う」と先生方を擁護する意見も見られています。

※こちらの写真に掲載されていた白いスーツの女性は山内こずえとは全くの無関係である関係者の話により明らかとなりました。

続報です↓

福井中2自殺の衝撃の真相!山内こずえの実家は蕎麦屋で町長と癒着していた!福井県池田町に広がる闇とは?


スポンサーリンク

 

在日の疑惑が

この副担任である山内こずえ教諭が取りざたされていますが、在日朝鮮人である疑惑が浮上してきたのです。

学校側は「結果として指導の範囲を超えていた」という曖昧な表現でこの教師を擁護するような発言をしております。

しかし、ネット上ではこの山内こずえという人物は在日朝鮮人であり、擁護しているのではないかといった意見が多く寄せられているのです。

在日朝鮮人でも公務員に採用されることができる時代に突入していますし、その可能性は十分に考えられるものだと思われますが、確証が得られた情報ではありません。

さらに、山内こずえ教諭は自身のFacebookに六波羅蜜寺へ赴いた際の写真をアップしており、仏教徒であることも匂わせています。

六波羅蜜寺は京都府京都市東山区にある真言宗智山派の寺院ですし、山内教諭の出身校である仁愛女子高校は聖徳太子の教えを忠実に守っている仏教系の学校として名を馳せているため、仏教徒の可能性は非常に高いと思われます。

いずれにしても、副担任と担任が共闘して”いじめた”こちらの問題は一層の波紋が広がることでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

 

福井中2自殺の衝撃の真相!山内こずえの実家は蕎麦屋で町長と癒着していた!福井県池田町に広がる闇とは?

 

副担任の山内こずえがいじめたのは生徒の”発達障害”が原因!谷口賢次(担任)の顔画像や福井中2自殺の真相を徹底解明

 

福井中2自殺の担任の名前は谷口賢次と判明!副担任は山内こずえで顔画像やFacebookも特定!


スポンサーリンク

 

error: You never click here!!