副担任の山内こずえがいじめたのは生徒の”発達障害”が原因!谷口賢次(担任)の顔画像や福井中2自殺の真相を徹底解明

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

今年3月、福井県池田町の中学校で男子生徒が校舎から転落死した問題で、調査委員会は担任からの厳しい指導によるストレスで自殺を選択したと結論付けた問題で、担任と副担任の名前や画像が流出し、話題となっています。

生徒転落死 担任らの厳しい指導で自殺選択

日テレニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

今年3月、福井県池田町の中学校で男子生徒が校舎から転落死した問題で、調査委員会は担任からの厳しい指導によるストレスで自殺を選択したと結論付けた。

この問題は今年3月、福井県池田町の池田中学校で当時2年生の男子生徒が校舎の3階から転落して死亡したもので、町の教育委員会が第三者による調査委員会を設置して学校側の対応に問題がなかったか調べていた。

調査委員会は、課題の提出や生徒会活動をめぐって担任と副担任がこの生徒を大声で怒鳴るなどの厳しい指導や叱責を繰り返し、精神的なストレスが高まって自殺を選択したと結論づけた。

また、この生徒について「発達障害の可能性がある」と指摘していて、町の教育委員会は「生徒の特性にあった指導方法をとるべきだった。再発防止と子育て環境の向上に努めてまいります」とコメントしている。

出典:日テレニュース

生徒は生徒会の副会長を務めていたが、昨年10月、参画していたマラソン大会の運営で担任から校門前で準備の遅れを怒鳴られ、目撃した生徒は「身震いするくらい怒鳴られていた」と証言したといいます。

つまり、この副担任や担任の教諭は、生徒が発達障害であることをいいことに、”いじめ”のような厳しい指導を繰り返していたのだそうです。

 

いじめた担任や副担任とは?

では、一体厳しい指導と称して”いじめ”のような指導を繰り返していた人物は誰なのでしょうか?

その人物は、副担任の山内こずえ教諭と担任の谷口賢次教諭の2人だと言います。

問題の女性副担任は昨年の4月に池田中学校に異動となり、2年生を受けもつこととなったそうで、生徒が小学校6年生の時に、同じ小学校の家庭科の講師をしていたそうです。

自殺した生徒は、ミシン掛けの授業で居残りをさせられており、帰りのバスの時間が間に合わなかったために「副担任は嫌だ」家族に漏らしていたのだそうです。

そして、問題の2人の顔画像がこちらになります。

ネット上では、発達障害の子供にいじめを繰り返し、死に至らしめたとして殺人罪に問うべきだなど厳しい意見が見られる一方で、「発達障害児専門医のいる医療機関も少ないのに 障害支援学校(学級)も専門的な知識を持っている先生のいる所はまだないと思う」と先生方を擁護する意見も見られています。

続報です↓

副担任の山内こずえは在日朝鮮人だった?福井中2自殺の驚くべき事実と自殺の真相について迫る

さらに、続報です↓

福井中2自殺の衝撃の真相!山内こずえの実家は蕎麦屋で町長と癒着していた!福井県池田町に広がる闇とは?


スポンサーリンク

 

発達障害とは?

この事件の争点となっているのが、発達障害というものですが、一体どのような症状なのでしょうか?

一口に発達障害といってもADHD、自閉症、アスペルガー症候群、学習障害など、さまざまな種類・症状があるそです。

大まかにいうと、発達障害とは、生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさ・凸凹(でこぼこ)と、その人が過ごす環境や周囲の人とのかかわりのミスマッチから、社会生活に困難が発生する障害のことです。

つまり、他の子供たちとは同じように指導しても、出来が悪かったり、飲み込みが悪かったりするために、和を乱すことがあるのだそうです。

日本の教育現場では、個性を伸ばすということよりも、足並みを揃え、人と同じくらいの平均的な人材を育成するようにマニュアル化されていますから、こういった発達障害の子供に授業の足を引っ張られるのが相当ストレスだったのでしょう。

そのため、この担任や副担任は意地悪をして、精神的なストレスを与え、自殺という最悪の結果を招いてしまったのです。

何れにしても、大切な未来ある命を奪ってしまった担任及び副担任の責任は非常に大きいものでしょう。

 

あなたにおすすめの記事

 

福井中2自殺の衝撃の真相!山内こずえの実家は蕎麦屋で町長と癒着していた!福井県池田町に広がる闇とは?

 

副担任の山内こずえは在日朝鮮人だった?福井中2自殺の驚くべき事実と自殺の真相について迫る

 

福井中2自殺の担任の名前は谷口賢次と判明!副担任は山内こずえで顔画像やFacebookも特定!


スポンサーリンク
error: You never click here!!