梶芽衣子の現在や結婚しない理由がすごすぎる!若い頃が柴咲コウにソックリと話題に!爆報!THEフライデーが独身を貫く女優を特集

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

梶芽衣子さんは、70歳を越えても素敵な美貌を保っている女優として知られており、2017年10月13日放送のTBS系列のテレビ番組「爆報!THEフライデー」に出演するとして、話題となっています。

今回は、そんな梶芽衣子さんについて迫ってみたいと思います。

梶芽衣子について

こちらが梶芽衣子さんのプロフィールになります。

名前:梶芽衣子(かじ めいこ)

本名:太田雅子(おおた まさこ)

生年月日:1947年3月24日

年齢:70歳(※2017年10月現在)

学歴:私立八雲学園高等学校卒業

所属:オフィスカネダ

梶芽衣子さんは、高校生の頃から芸能事務所に所属しており、卒業後すぐに日活に入社し、映画デビューを果たしています。

その当時は本名である”太田雅子”として活動しており、往年の大スターである石原裕次郎さんや、吉永小百合さんのそばで脇役という助演女優として主に起用されていました。

初の主演は、「青春前期 青い果実」で、その当時のスターだった太田博之さんと共にW太田として売り出されていました。

1969年には芸名を梶芽衣子に改名し、その後は東映に移籍し、東映の人気シリーズ映画である「女囚さそり」に起用されて人気女優の仲間入りを果たしたのです。

その後はドラマにも出演し、歌手として活躍する傍バラエティ番組にも登場するなど、現在でも幅広い活躍を見せています。

 

梶芽衣子の旦那がいない理由がかっこいい

梶芽衣子さんは生涯独身を貫いていることで有名ですが、そのの理由はかつて婚約をしていた男性との約束が原因だったのです。

1972年に東映に移籍した後に主演として起用された映画「女囚701/さそり」を撮影していた時には、大手レコード会社で働くディレクターと縁談が進んでおり、結納も済ませていたのですが、これを機に女優を引退し、旦那さんを支える専業主婦として第二の人生を送っているつもりだったのです。

この事実は、撮影スタッフや関係者も周知の事実でしたが、映画が予想以上に大ヒットをしたために、東映の名プロデューサーである岡田茂さんから直談判さら「あと一本だけ」と懇願されたために続編に出演することを決意したのです。

梶芽衣子さんあその後も人気シリーズとなった女囚シリーズの評価も好評であり、他のプロデューサーや関係者からも説得を受けることとなっているのです。

このことがきっかけとなり、婚約者のディレクターとの縁談が破談となってしまい、その際に「死ぬまで仕事をやれ、誰とも結婚するな」と言い放たれ、その婚約者との約束を守り続けているために、結婚をしていないのだそうです。


スポンサーリンク

若い頃が柴咲コウそっくり?

梶芽衣子さんの若かりし頃は、女優の柴咲コウさんに似ているとTwitter上で話題となっています。

正確には、柴咲コウさんの方が後に生まれていますので、表現としては「柴咲コウさんが若い頃の梶芽衣子さんに似ている」という表現の方が正しいような気はします。

 

梶芽衣子の現在は?

そんな梶芽衣子さんが、2017年10月13日放送のTBS系列のテレビ番組「爆報!THEフライデー」に出演するとして話題となっています。

現在の活動は、主に歌手として活動をしている他、シングルをリリースしたり、都内でライブしたりするなど、精力的に活動をこなしているのだそうです。

70歳といえば、世間一般的にはおばあちゃんというレッテルを貼られるような年齢にも関わらず、その美しい美貌と素敵な歌声でファンの皆様の心を掴んでいるのも事実です。

 

あなたにおすすめの記事

 

【画像あり】木村和司の現在がヤバい!脳梗塞のリハビリを娘2人と妻が手伝っていた!爆報!THEフライデーがミスターマリノスを特集!


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを