警察官なのに飲酒運転の常連?櫃間功次郎(ひつまこうじろう)の顔画像判明か?群馬県前橋東警察署の職員の男を、酒に酔った状態で運転した容疑で逮捕!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

群馬県警の警察官が酒に酔った状態で車を運転したとして逮捕されました。

警察官が“飲酒運転” 車内でぐったりのところ逮捕

TBSニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

群馬県警の警察官が、酒酔い運転の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは前橋東警察署地域課の巡査長、櫃間功次郎容疑者(56)で、4日午後3時40分ごろ、前橋市内の市道を酒に酔った状態で運転していた疑いがもたれています。警察によりますと、櫃間容疑者は標識や電柱などに何度もぶつかる事故を起こしたあと、止まっていた車の中で、意識がもうろうとした状態でいたところを通報を受け、駆けつけた警察官に発見されたということです。

取り調べに対し「自宅で酒を飲んだ」などと話していて、呼気からはアルコールが検知されました。これまで、職務上は、飲酒による問題は起きていなかったということですが、過度の飲酒について、医師の指導を受けていたということです。

群馬県警は「極めて遺憾」とコメントしています。

出典:TBSニュース

 

櫃間功次郎容疑者について

こちらが、逮捕された櫃間功次郎容疑者のプロフィールになります。

名前:櫃間功次郎(ひつま こうじろう)

年齢:56歳

職業:巡査長

所属:前橋東警察署 地域課

在住:前橋市大友町

櫃間容疑者は、昭和55年に警察官として採用され、平成28年3月から前橋東警察署に所属している巡査長を務める人物です。

公務員がこういった不祥事や事件を起こす場合、大抵は顔写真の公開はされません。

今回も例外ではなく、公開されておらず、また特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第随時お伝えしていきます。


スポンサーリンク

犯行動機は?

では、一体犯行動機は何だったのでしょうか?

櫃間容疑者は、主に交番勤務をしているようで、地域や交通課での勤務が長いのだそうで、飲酒に関しては、度々県警サイドから注意を受けていたようで、繰り返すことが多かったのだとか。

前もって飲酒に対する対策を講じようと試みている最中に、自分の誘惑に負けて飲酒をしてしまったわけです。

つまり、自らの誘惑に勝てない愚かな人間であるということです。

幸い、物損事故ですみましたが、これが人命に関わる重大な事故であった場合、誘惑に勝てなかったではすまされません。

何れにしても、地域の安全を守らなければならない”地域課”の人間が起こした不祥事なだけに、世間に与える衝撃は大きなものになりそうです。

あなたにおすすめの記事

 

理由は「ノーコメント」警察官がわいせつな行為をするも不起訴処分に!!

 


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを