大東文化大学の爆破予告の犯人が判明!今年4度目は初の平日で休講狙いの内部犯が真相!東松山キャンパスに爆破予告で余談を許さない状況に

この記事は2分で読めます

3日、埼玉県にある大東文化大学東松山キャンパスに爆破予告がされ、学校側は生徒の安全を確保するため明日全学休講とする措置を取るなど、各方面へ影響が出ています。

同校は今年に入って4度目の爆破予告がなされており、犯人やその詳細に注目が集まっています。

スポンサーリンク

大東文化大学に爆破予告

埼玉県東松山市岩殿にある、大東文化大学東松山キャンパスに爆破予告がされ、騒然となっています。

対象となっているのは、大東文化大学・東松山キャンパスで、予告の対象は10月4日のことだそうです。

学校側は事態を重く受け止め、キャンパスの一切の活動を中止すると共に、明日の全カリキュラムの休講を発表したとのことです。

さらに、キャンパス内には爆破予告に関する放送が流れると共に、明日の全学休講を喜ぶ声や不安視する声など、様々な声が飛び交っているのも事実です。

なお、現在は不審物が見つかったとの情報は入っていておりませんが、大学側は管轄警察と連携を図り、一刻も早い事件の解決に努めていく方針です。

 

今年に入って4度目の爆破予告

大東文化大学の爆破予告は、何と今年に入って4度目だといい、あまりにも多いことから、不審がる人も少なくなってきているとのことです。

過去3回いずれも、2/25(土曜日)6/17日(土曜日)5/27(土曜日)と、”土曜日”に爆発物を仕掛けたとの予告がされていますが、今回のケースは例外で、明日10/4(水曜日)の爆破予告なのです。

爆破予告により臨時休講になるケースは少なくないですが、いずれも土曜日の爆破予告は非常に珍しいケースです。

本当に爆破をする意志があり多くの学生を巻き込みたいのなら、平日にするのが犯人の真理だと思われますが、過去三回は土曜日に行なっているために、その意志はあまりないものと思われます。

ですが、今回の爆破予告に関しては平日に行われているため、現場に緊張が走っているのも事実です。


スポンサーリンク

犯人は?

では、爆破予告をした犯人は一体誰なのでしょうか?

現時点で、大学側はHPなどで詳細な情報を公開しておりませんが、過去の事例を見ても、爆破予告に関する郵便物が届けられている可能性が非常に高いものと思われます。

掲示板などへの書き込みの場合、IPアドレスなどから個人の特定をすることができますが、郵便物の場合、差出人不明の場合は特定するのが困難であります。

犯人は、概ね過去3回を真似た模倣犯の可能性や、ただ単に慌てる姿が見たかった愉快犯、もしくは、初めての平日に行われている点から考えても、授業を休講にしたい学生による内部犯の可能性も否定できません。

そのため、警察のサイバー犯罪対策室なども動いている模様です。

ですが、いい加減犯人を逮捕しないと、また同じようなことが繰り返されるだけでなく、多くの方に迷惑がかかる恐れもあるため、一刻も早い対応が求められるでしょう。

何れにしても、爆発物や犯人逮捕されるまで余談を許さないだけに、最新の情報に耳を傾けることが重要となってくるでしょう。

大東文化大学の関係者の方々は、くれぐれもご注意ください。


スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

愛知学院大学の爆破予告の犯人が判明か!休講にしたい学生による内部犯が真相か!日進キャンパスに爆破予告で余談を許さない状態

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを