田川市異物混入の製造会社が判明!原因は社員が意図的に入れていた?福岡県田川市の中学校の給食で異物混入が46件も発生

この記事は2分で読めます

福岡県田川市の市立中学校の給食に4月以降、髪の毛や虫など異物の混入が計46件あったことが判明しまし、世間に衝撃が走っています。

スポンサーリンク

中学校給食に髪、虫、プラスチック片、軟膏…異物混入46件

産経WEST他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

福岡県田川市の市立中学校の給食に4月以降、髪の毛や虫など異物の混入が計46件あったことが26日、市教育委員会への取材で分かった。健康被害は確認されていない。市教委は製造過程で混入した可能性が高いとみて、福岡市南区にある委託先の製造会社に再発防止を求めている。

製造会社の幹部は「工場ができたばかりで、態勢が万全でなかったかもしれない。改善し異物混入ゼロを徹底する」と釈明している。

市教委によると、保護者の要望に応え、4月から中学校7校で仕出し弁当による給食を開始。7月までの1学期に髪の毛34件、虫5件、プラスチック片や軟骨など5件の混入があった。

市教委は学校からの報告を受け、4月と8月に製造会社の工場を視察し、密閉性の高いヘアネットの着用や防虫カーテンの設置などの改善策を確認。しかし、今月も15日までに髪の毛と軟骨のような物の混入が1件ずつ見つかった。

出典:産経WEST

 

給食の製造元は?

では、こんなにも異物混入をしていた給食の製造元は一体どこなのでしょうか?

どうやら製造会社とされているのは、福岡県福岡市南区にある「株式会社 はたなか」という会社のようです。

株式会社はたなかの詳細がこちらです。

名称:株式会社 はたなか

創業:昭和53年5月創業 昭和56年11月設立

資本金:2,000万円

代表者:畑中啓史(はたなか けいし)

事業内容:仕出し弁当製造販売

社員数:130名

本社所在地:福岡県福岡市南区横手1丁目12番50号

「株式会社はたなか」は昭和53年に創業をしており、およそ40年近くもの歴史を持っている会社であります。

多くの取引先を持ち、地元の銀行や企業などにお弁当を届けており、その評判は高かったと言います。

会社のHPを除いてみても食品管理方法であるHACCPの認証をを取得するなど、食品衛生管理には徹底しているとのことです。

※HACCP とは、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという 重要管理点( Critical Control Point ) を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生 管理の手法です。

 


スポンサーリンク

 

異物混入の原因は?

報道機関の発表によると、7月までの1学期に髪の毛34件、虫5件、プラスチック片や軟骨など5件の混入があったそうですが、一体何が原因だったのでしょうか?

関係者の話では、工場が出来たばかりで態勢が整っていなかったのが原因と話していますが、詳しいことは調査中ですので、明らかとなっておりません。

しかし、ネット上ではこれほど立て続けに異物混入が起きるのはあまりにも不自然であるとし、社員が意図的に混入させたのでは?との見解も多く寄せられています。

誤って混入するという事故は未然に防がなければいけませんが、こういった故意に混入させるような事件の場合には防ぎようがありませんし、工場が新しくなったからという理由もしっくりこないことから、この説は極めて濃厚であるとされています。

何れにしても、人が口にするものに関わる職業なだけに、一刻も早い解決が臨まれます。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

亀田製菓「ソフトサラダ」に金属片が混入!女児が怪我をするも公表・回収せず

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを
error: You never click here!!