山崎真央容疑者の犯行動機がヤバい!顔画像や被害男性との関係についても!東近江ダルクで薬物依存者が同室の男性を切りつけ、逮捕

この記事は2分で読めます

19日未明、滋賀県東近江市にある薬物依存患者の回復施設「ダルク」で、入所者の男が同じ部屋の男性の首を包丁で切りつけたとして逮捕されました。

スポンサーリンク

薬物依存者が薬物依存者を切りつける

中日新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

薬物依存症からの回復支援施設ダルクで、入所中の男が別の男性入所者に包丁で切り付けたとして、滋賀県警東近江署は19日、殺人未遂の疑いで東近江市沖野2の無職、山崎真央容疑者(27)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑では、19日午前2時15分ごろ、「東近江ダルク」で、同室の男性(41)の首の左側を、万能包丁(刃渡り17センチ)で切り付け、殺害しようとしたとされる。

男性は出血多量で病院に搬送されたが、意識はあるという。

署によると、山崎容疑者は犯行直後に数百メートル離れた交番に「今ダルクで人を刺してきた。逮捕してくれ」と出頭した。「(男性被害者に)バカにされたことや、生活態度が気に入らなかった」と容疑を認めている。署は2人の間にトラブルがあったとみて調べる。

出典:中日新聞

 

山崎真央容疑者について

こちらが山崎容疑者のプロフィールになります。

名前:山崎真央

年齢:27歳

職業:無職

所属:東近江ダルク

在住:滋賀県東近江市沖野

山崎容疑者は、薬物依存者の回復施設「東近江ダルク」に所属する人物で、切りつけた41歳の男性とは同じ部屋で生活を共にしていた模様です。

犯行動機については、「普段の生活態度が気に食わなかった」や「バカにされたと思い、殺すつもりだった」と供述していることから、日頃から隣人の生活に態度に不満を抱いていたとされており、強い殺意が感じられます。

しかしながら顔写真などは公開されておらず、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第随時お伝えしていきます。

 


スポンサーリンク

 

ダルクとは?

薬物依存の方が社会復帰を目指す際に、必ずといっていいほど、入所する施設がダルクというものです。

ダルク(DARC)とは、ドラッグ(DRUG=薬物)のD、アディクション(ADDICTION=嗜癖、病的依存)のA、リハビリテーション(Rihabilitation=回復)のR、センター(CENTER=施設、建物)のCを組み合わせた造語で、覚醒剤、有機溶剤(シンナー等)、市販薬、その他の薬物から解放されるためのプログラムを持つ民間の薬物依存症リハビリ施設です。

つまり、山崎容疑者も、被害に遭われた男性もいずれも薬物依存に陥っており、それを更生するために入所をしていたのです。

薬物依存などの場合、強い幻覚や幻聴が聞こえることもありますので、それが原因で些細な物音など一緒に生活をしていく上で、気に食わなくなってしまったことも考えられます。

何れにしても、薬物依存者が起こした事件に、社会復帰はまだまだ遠そうな事件となりました。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

平田篤容疑者の顔写真やFacebookがこちら!犯行はアルコールと薬物依存が原因!豊島区の病院で消火器を撒き散らした41歳の無職の男性を逮捕!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを