法務局の元事務官の天野直樹の顔写真判明か?不正をした経緯や動機の真相も!収入印紙4億7千万円相当を横領した男を懲戒免職!

この記事は2分で読めます

東京法務局の元事務官が約10年間にわたり、約4億7000万円分の収入印紙を盗んでいたことが明らかとなり、世間に衝撃が走っています。

スポンサーリンク

収入印紙4億7千万円相当を横領

産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

東京法務局の元事務官が約10年間にわたり、約4億7000万円分の収入印紙を盗んでいたことが分かった。法務局が15日、発表した。元事務官は昨年12月、約29万円相当の印紙を盗んだとして懲戒免職となったが、その後の内部調査で不正を繰り返していたことが判明したという。告発を受けた警視庁が業務上横領容疑などで捜査している。

法務局によると、懲戒免職となったのは、民事行政部で法人登記を担当していた天野直樹元事務官(63)。平成18年1月5日~28年12月9日、計2778件の登記申請書に貼ることになっていた収入印紙(約4億7293万円相当)を盗んでいた。過去の登記申請書から処理済みの印紙をはがし、新しい登記申請書に貼る手口で不正を繰り返していたという。

(ー中略ー)

出典:産経ニュース

 

天野直樹元事務官について

こちらが天野事務官のプロフィールになります。

名前:天野直樹

年齢:63歳

職業:法務局元事務官

天野直樹さんは、法務局の民事行政部で法人登記を担当していた事務官です。

過去の登記申請書から処理済みの印紙をはがし、新しい登記申請書に貼るという極めてシンプルな方法で不正を働いています。

法務局の事務官を務めるくらいですから、相当学力は高いものと思われますし、少なくとも国家公務員の二種試験には合格をしている人物なのでしょう。

ちなみに、顔写真の後悔はされておらず、特定にも至りませんでいしたので、こちらに関して詳しい情報が入り次第随時お伝えしていきます。

平均年収は770万前後と言われていますので、お金に困っている様子は伺えませんが、なぜこのような不正に及んだのでしょうか?

 


スポンサーリンク

 

不正をした動機は?

今回の横領理由に関して、天野直樹さんは「持病の治療のために金が必要だった」という供述をしているため、自分の年収では賄えないほどの高額な治療費を払う持病を抱えていたことになります。

高額な治療費を払うからといって横領してもいいという訳ではありません。

国の管理体制にも問題があると思いますが、なぜこのような状況を10年間も気づかなかったのでしょうか?

このような我々が納めた税金が不正に横領されている事実に、憤りを隠せません。

 


スポンサーリンク

 

あなたにおすすめの記事

 

【画像】佐藤ルリ子容疑者の顔写真判明!5200万円横領した手口は?都造園緑化業協会の元職員の女性逮捕!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを